【ファミリーキャンプおすすめタープ】SnowPeakの人気タープを5選を紹介

キャンプに向けて準備をしている時に、ふと「タープは合ったほうがいいのかな?」と思われたあなた!
間違いなく「YES!」と言えるくらい、キャンプを快適に楽しむためにはテントだけでなく、タープもあるとより一層充実したファミリーキャンプを過ごせますよ。
タープは小さなお子様連れファミリーから人数が多い場合だけでなく、ソロキャンパーまで幅広く使われています。

ですが、意外とタープの役割や用途をご存知ない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、こちらの記事ではタープの便利な用途を解説すると同時に、アウトドアブランドSnowPeakの人気タープを紹介します!
ぜひタープの必要性を知ってもらい、ファミリーキャンプを楽しんでもらえたら嬉しいです!

「衣食住働遊」日本ブランドSnowPeakについて

出典:SnowPeak「エントリーパックTT

SnowPeakは、「人生に、野遊びを。」というキャッチコピーにしたアウトドア用品の総合メーカーです。
本社の敷地内だけでなく、キャンプ場運営や地方創生のサポートなど幅広い事業を展開しており、海外にも拠点を持つなどグローバル企業として活躍しています。
自然の中で過ごすことの正しい価値を、商品開発・製造を通して伝えてくれているSnowPeak。
自然のありがたさに気づき、自然の中で成長するファミリーが日本中で増えているのもSnowPeakの掲げているコンセプトに惹かれている方が多いからでしょう!
大人から子供まで、キャンプを通して色んな人が繋がり、人の温かさに触れるきっかけを与えてくれますね!

こんな時に便利!タープの用途【ポイント3つ】

出典:ハピキャン「スノーピーク「アメニティタープ(ヘキサ)」を徹底レビュー! 初めてのタープにおすすめ」(https://happycamper.jp/_ct/17438605

まずタープがどんなものなのか。一言で言うと、屋根です。
屋外でのキャンプやイベントでは、自然の中で過ごすことがメインとなります。
よって、普段不便じゃないことが、不自由に感じることもあるでしょう。
そこで、タープの便利な役割について3つのポイントにまとめてみました。
知ると納得のタープの存在に気づくことでしょう!

1.突然の雨でも大丈夫!

キャンプ場によっては天候が変わりやすい場所もあるでしょう。
夏のような雨に濡れても寒くない時期でも、小さなお子様がいると濡れた状態でいるのは体調が心配ですよね。
またファミリーキャンプは荷物も多いので、雨が降ってからの移動が大変です。
そんな時、タープがあれば慌てることなく濡れずにキャンプを楽しめます。
雨や風にも強い素材でできているので、一台あるととても便利でしょう!

2.強い日差しの中でも快適

山間や海でのキャンプは日差しが強いです。
ですが設置が簡単なタープがあれば、「日差しを避けられる場所がない」という不安も解消されます!
調理の作業をしたり食事をする場合にも、涼しい環境を確保できるので快適に過ごせますね

3.くつろぎスペースが作れる!

タープの種類によっては、ファミリーのスペースを作ることができます。
人が多く集まる場所では、どうしても人の目が気になってゆっくりできないこともあるでしょう。
そんな時も、タープがあればくつろげる場所を作れる事も叶ってしまいます。

タープの設営の仕方は難しい?

出典:hinataもっとそとが好きになる「種類別タープのきれいな張り方!つまずくポイントからコツまで徹底解説」(https://hinata.me/article/784335287735100464

タープの種類はさまざまあり、設営が難しそうでキャンプ初心者の場合は少しハードルが高いと感じることもありますよね。
ですが、タープは張り方のコツを押さえれば意外と簡単に設営できます!
こちらでは基本のタープの張り方を種類ごとに紹介します。

形状が優雅なヘキサタープの張り方

使うパーツが少ないので設営も簡単です!初心者向けタープとして人気ですね。

  1. 張る場所を決めて、布を広げて置きます。
  2. ポールを設置したら、タープとロープを結びます。
  3. ペグを使ってロープを地面に固定します。
  4. メインポールを立てて張り具合を調整して完成!

広い空間が作れるレクタタープの張り方

基本はヘキサタープと同じですが、メインポールとサブポールがありポール数が多いので広いスペースで作業をしましょう。

  1. 張る場所を決めて、布を広げて置きます。
  2. ポールを設置したら、タープとロープを結びます。
  3. ペグを使ってロープを地面に固定します。
  4. メインポール→サブポールの順に立てて、張り具合を調整して完成!

テント型のスクリーンタープの張り方

少し複雑ですが、女性一人でも設営できるスクリーンタープ。
初心者キャンパーは、初めは何人かで協力して組み立てに慣れていきましょう。

  1. 張る場所を決めて、布を広げて置きます。
  2. メインポールを設置し、コーナーポールを取り付けていきます。
  3. タープが立ち上がったら、四隅をペグで止めて完成!

設営の注意点

タープの設営は簡単にできるからといって、張り方を油断すると大変危険です。
風の影響を大きく受けるタープは、風向きに注意しながら設営しないとペグが抜けて、人や車に当たってしまう事故も起こりかねません。
まずは、風向きを考える事とシワが残らないようピンと布を張って設置するようにしましょう!

ファミリーキャンプを楽しむためにタープを設置したのに、思わぬ事故が起こらないように設営は慎重に行いましょうね。

【おすすめ5選】ファミリーキャンプに人気のSnowPeakタープを紹介

出典:ハピキャン「焚き火に強いおすすめタープ8選!DOD・テンマクデザインなど ポリコットン製が◎」(https://happycamper.jp/_ct/17358628

SnowPeakのタープは種類も豊富です。
そこで今回は、SnowPeakのタープの人気のおすすめ商品を5つ紹介します。
またSnowPeakはアフターサービスも充実しているので、タープが破損してしまった場合も対応してくれるので、タープを選ぶ基準としても安心できますね。
SnowPeakのタープを購入して、ファミリーキャンプをより快適に楽しんでください。

ライトタープ ペンタ シールド STP-381

出典:アルペン楽天市場店「カテゴリトップ > アウトドア・トレッキング > テント・タープ > タープ」(https://item.rakuten.co.jp/alpen/7010290107/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_101_0_0

ソロキャンプ用の小さめタープではありますが、ちょっとしたキャンプや小さいお子様連れの休憩スペースとして活用できる優れものです。
設置が簡単で、軽量なので持っていると安心のタープです。

HDタープ シールド レクタ L TP-842H

出典:アルペン楽天市場店「カテゴリトップ > アウトドア・トレッキング > テント・タープ > タープ」(https://item.rakuten.co.jp/alpen/7010292108/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_101_0_0

レクタ型の大人数でも対応できるタープです。ヘキサ型よりも広い面積をカバーできるので人数に合わせた使い方が可能です。
また、屋根だけでなく目隠しや風除けなど工夫次第で調整できるのも選ぶ基準になりそうですね!

アメニティドーム・タープスターターセット FK-284

出典:SnowPeak「アメニティドーム・タープスターターセット

ヘキサタープとドームタイプのタープのセットです。
キャンプ=テントというイメージもあるので、持っているとお子様もワクワクする用品のひとつでしょう。

HDタープ シールド ヘキサ(M) HD-Tarp Hexa M TP-861H

出典:SUNDAY MOUNTAIN「カテゴリトップ > ブランドで探す > ブランド名 > S > snow peak(スノーピーク)」(https://item.rakuten.co.jp/canpanera/s06198/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_101_0_0)

組み立てやすく風に強いので、人気のある形状のタープです。
収納もしやすく、アレンジもしやすいのも選ぶポイントの一つになりますね!

HDタープシールドメーヴェ L TP-511

出典:sotosotodays「カテゴリトップ > テント・タープ > タープ > ウィング・ヘキサ」(https://item.rakuten.co.jp/m-outdoor/tp-511/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_101_0_0

広い面積があり、空間を効率的に使えるタープです。
雨が降っても、中央から一番遠い点に流れるようになっているので雨の日も快適に使えるのも嬉しいですね。

タープの付属品も充実

タープには付属品もたくさんあります。
張る時に必要なアイテムもSnowPeakは個別で揃えているので、予備として持っていると安心でしょう!

スノーピーク ソリッドステーク30 6本セット R-103-1 

出典:楽天市場/WINS SHOP「カテゴリトップ > ▼ブランドから探す > アウトドアブランド:S > snow peak/スノーピーク」(https://item.rakuten.co.jp/wins-shop/sp-r-103-1/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_101_0_0

ペグは消耗品で劣化しやすいですが、SnowPeakのこちらのペグは燕三条に伝わる鍛造製法でとても丈夫です。
固い地面にも固定できるペグなので、長く安心して使えますね。

スノーピーク snow peak ペグハンマー PRO.S N-002 [テント タープ]

出典:SnowPeak「ペグハンマー

女性の力でも、確実にペグを打てるハンマーも重宝できます。
打ち込むだけでなく、ペグを抜く時も便利な機能もついているのも嬉しいですね!

まとめ

出典:hinataもっとそとが好きになる「種類別タープのきれいな張り方!つまずくポイントからコツまで徹底解説」(https://hinata.me/article/784335287735100464

お気に入りのタープは見つかりましたか?
タープは設営が簡単なので、家族に合わせたタープを持っていると重宝できますよ!
また、日本の気候に合ったキャンプ用品をSnowPeakのタープは商品としてとてもおすすめできます!
SnowPeakは他のキャンプ商品もたくさん揃えているので、SnowPeak一式揃えるのもありかもしれませんね。

関連記事

  1. 【決定版】ファミリーキャンプ向けおすすめノコギリの選び方

  2. 【ファミリーキャンパー向けおすすめレシピ】肉汁溢れるローストビーフ

  3. 【ファミリーキャンプおすすめチェア】アウトドアブランドLOGOSのチェア7選を紹介

  4. 【決定版】ファミリーキャンパーにおすすめ「Oregonian Camper(オレゴニアン・キャンパー)」のキャンプグッズ

  5. 【決定版】ファミリーキャンプ向けおすすめナイフの選び方

  6. ファミリーキャンプの夜を演出する ガスランタンの選び方とおすすめ5選

キャンプを楽しむ

おすすめキャンプ用品