【決定版】ファミリーキャンプ向けおすすめタープの選び方

日差しや雨を防ぐため、キャンプでよく使われるタープですが、コールマン・スノーピーク・mont-bellなど多くのブランドで取り扱いがあり、どのタープがいいのかとても迷います。

また、タープにはさまざまな形状があるのですが、今回はファミリー向けに大活躍間違いなしのタープ「ヘキサタープ」と「ワンタッチタープ」を、種類や選び方のポイントまで解説。ぜひ購入時の参考にしてみてください。

また、タープにはさまざまな形状があるのですが、今回はファミリー向けに大活躍間違いなしのタープ「ヘキサタープ」と「ワンタッチタープ」を、種類や選び方のポイントまで解説。ぜひ購入時の参考にしてみてください。

タープの形状にはいくつか種類がありますが、今回はファミリー向けに適した4種類をご紹介します。

タープを選ぶときのポイント

使用人数で「大きさ」を決める

キャンプサイトには区画が決まっていることが多く、車、テント、タープを収めるなら大きくても5m程度までが良いかと思います。
あまり大きすぎるとキャンプサイトからはみ出てしまうため気をつけましょう。

人数1辺の大きさの目安
1〜3人3〜4m程度
4〜6人5m程度

焚き火をする場合には「素材」に注意

タープの素材にもいくつか種類があります。火に弱いものもあるので注意が必要です。
焚き火をやる予定があったり、山間などの急な天気の変化がある場所でキャンプをやる可能性があるのであればTC素材(テクニカルコットン)のタープがおすすめです。

素材対水圧速乾性耐燃性重量
TC素材(テクニカルコットン)高い高い強い
ポリエステル&ナイロン素材(合成繊維)高い高い弱い軽い
コットン素材(綿)低い低い強い重い

急な雨に備えて、「耐水圧」は要チェック

キャンプに行く前の天気予報は晴れでも、キャンプ場は山間にあることが多く急に天気が変わることがよくあります。
そんな時、タープが雨を防げるものかについては購入前に必ずチェックしておきましょう。

耐水圧防げる雨のレベル目安
500mm小雨
1,000mm普通の雨
1,500mm強い雨

強い日差しを防ぐために「遮光性」をチェック

タープの遮光性を選ぶ基準のひとつに糸の太さ:D(デニール)生地の密度:T(タフタ)があり
ます。
68Dポリエステル、75Dポリエステルや150Dポリエステルなどで表記されていて、数値が高いほど厚みと強度が上がります。

遮光性が高いタープの中はUV加工などがされているものもあるので、糸の太さ:D(デニール)と生地の密度:T(タフタ)とUV加工でタープを選ぶようにしましょう。

タープの形状別おすすめタープ

簡単設営、見た目がおしゃれな「ヘキサタープ」

出典:FIELDOOR

ヘキサタープの名前は六角形(ヘキサゴン)が由来です。
2本のポールとそれ以外をロープで張って使用することが多く、比較的簡単に設営できます。高さ調節や天候、人数によってアレンジできるため使い勝手が良いことも特徴です。

ファミリーでリビングルームとして使用するには少し手狭に感じるかもしれませんが、バーベキュースペースとして活用するには十分。見た目がおしゃれで開放感を感じることができます。

【snow peak】HDタープ“シールド”・ヘキサ(L)

簡単に設営ができ、UVカット加工やテフロン撥水加工で遮光性も十分。デザインもおしゃれで、テントとの組み合わせの相性も抜群です。

対応人数5人
サイズ500cm×780cm
素材ポリエステル
遮光性210Dポリエステル・UVカット加工・テフロン撥水加工
耐水圧3000mm

【ogawa】システムタープ ヘキサDX

UVカットと遮光コーティングにより遮光性が高く、撥水加工で汚れずらいことが特徴。バックルが付いているので、 テープとも簡単に接続することができます。

設営に必要なポールも少なく、初心者でも簡単に組み立てることもうれしいです。

定員5人
サイズ480cm×570cm
素材ポリエステル
遮光性ポリエステル210d・撥水加工・UVカット・SEAM SEAL・Light Shielding Coating
耐水圧1,800mm
オガワテント ogawaキャンパル システムタープ ヘキサDX キャンパルジャパン アウトドア キャンプ テント タープ おしゃれ 収納袋付き

【Coleman】XP ヘキサタープ/MDX+

通気性の高いメッシュと大きく開いた窓がテント内の空気を循環させ、快適に過ごすことが可能。
また、遮光性の高い生地を使用しているため日光を防ぎ、テント内の暑さを軽減させるとともにワイドメッシュ生地で通気性も高いテントです。

定員4人
サイズ460cm×435cm
素材ポリエステル
遮光性75D ポリエステルタフタ・UVPRO・PU防水・シームシール
耐水圧3,000mm
コールマン XPヘキサタープ/MDX+ 2000036441|キャンプ(アウトドア)用品 テント・寝袋 テント

かんたん設営・かんたん後片付けの「ワンタッチタープ」

出典:FEELDOOR公式オンラインストア

ワンタッチタープの魅力はなんといっても設営の手軽さです。フレームとタープが一体型になっているので、フレームを引っ張るだけで設営が完了します。
ペグなどが不要のため、風の強い日には注意が必要ですが雨や日差しを防ぐには十分でキャンプ初心者におすすめです。

【Coleman】インスタントバイザーシェードⅡ/L+

かんたんに設営ができるだけでなく、ダークルームテクノロジーで遮光性が高く温度上昇を和らげて快適に過ごせることが特徴です。

定員4人
サイズ300cm×300cm
素材ポリエステル
遮光性75Dポリエステルタフタ・ダークルームTM テクノロジー・UVPRO・PU防水・シームシール
耐水圧3,000mm
コールマン ワンタッチタープ インスタントバイザーシェード2/L+ 2000038824 Coleman

【MODERN DECO】オーニングタープテント 3m

かんたん組み立てで急な雨でも安心。また、可動式のひさしが付いているため直射日光を防いで快適に過ごすことができます。頭頂部には換気口が設けられているので湿気や臭いが溜まりづらいのも嬉しい特徴。

定員4人
サイズ300cm×300cm
素材非公開
遮光性210Dオックスフォード織・UPF50+・シルバーコーティング
耐水圧1,800mm

タープと合わせて、キャンプの必須アイテム「テント」の選び方やおすすめを知りたい方は以下の記事もチェックしてみてください。

関連記事

  1. これを使えば安心安全!ファミリーキャンプにおすすめしたい焚き火グローブ!!

  2. 【ファミリーキャンパー向けおすすめレシピ】肉汁溢れるローストビーフ

  3. ファミリーキャンプにおすすめ!THE NORTH FACEテント5選

  4. ファミリーキャンパー注目!コンパクト+持ち運び楽々な冬の必需品「ガスストーブおすすめ5選」

  5. ファミリーキャンプ向けおすすめのキャンピングカー12選

  6. 【決定版】ファミリーキャンプ向けおすすめ焚き火台の選び方

キャンプを楽しむ

おすすめキャンプ用品