【ファミリーキャンパーおすすめ】ホットサンドメーカーで作るお手軽キャンプ飯4選

今回は「ホットサンドメーカー」について、ファミリーで楽しめるレシピをご紹介します。
「ホットサンド」というと、中に何かを挟んで焼く。という簡単な調理で、おいしい朝食を簡単に作ることができます。
お子様でも食べやすく、喜ばれるレシピを今回は3品ご紹介したいと思います。

関連記事
こちらではアウトドア向けの食器をご紹介しています。食器はキャンプの素敵な彩になりますね。


直火で使える「ホットサンドメーカー」

引用元:Amazon

「ホットサンドメーカー」は様々な料理に大活躍しますが、その特徴から注意が必要となる場合があります。

特徴使用上の注意
・コンセントがいらない
・分解してきれいに洗える
・リーズナブル
・小型のフライパンとして使える
・しっかりはめ込まないと危険
・挟めるパンのサイズが決まっている
・持ち手の留め具が緩む場合がある
※デメリットはきちんとメンテナンスをすることで、防ぐことができますが、パンは通常売られている食パンサイズとなります。

直火で使える「ホットサンドメーカー」はファミリーキャンプでは大活躍します!!パンの耳ごとプレスするので、
中の具材がこぼれる心配がないので、小さなお子様が一人で食べるには、ホットサンドは最適です。
そして、中に入れる具材は自由なので、それぞれ好きな物を入れて食べれば、朝から楽しい食卓になるでしょう。
そして、中にはお子様にうれしい「焼き型」が付くものもあるので、お子様が喜びそうな「ホットサンドメーカー」を選ぶのも楽しいですね。
中には大人にもうれしい「アメリカン」な焼き型が付くタイプで、「キャンプ!!」という感じがします。
探すとアニメキャラなどもあるので、一緒にお子様と探す楽しみもありますね
そして、「直火」タイプだけでなく、「IH対応」のタイプもあるので、各家庭に合わせて選びましょう。
また「ホットサンドメーカー」のメリット・デメリットをしっかり理解して、お子様が使用するときには、
金具のゆるみや、きちんと両方のプレートがはまっているか、大人がしっかりとチェックをしてから使用するようにしましょう。
意外にお子様の方が、使っているうちに「こんなのできるんじゃない?」とレシピを提案してくることもありそうですね。



Latunaホットサンドメーカー

こちらは一般的な縞模様が付くタイプの、ホットサンドメーカーです。取り外しができるので、
別々に「小さなフライパン」として使用することも可能

VASTLANDホットサンドメーカー

こちらは、ちょっと「アメリカン」な焼き色がつくので、いかにも「アウトドアを楽しんでる!!
という気持ちに朝からなれそうな、ホットサンドメーカーです。

スヌーピー ホットサンドメーカー

こちらは子供から大人まで人気の「スヌーピー」が焼き柄になります。子供向けにもいいですね。

スケーター アルミ ホットサンドメーカー スヌーピー [IH非対応]

気になる「ホットサンドメーカー」はありましたか?『家電』としては持っているけど、『直火』は初めて。
という方でも、『直火』のホットサンドメーカーだからこそ、調理の幅がぐんと広がるので、ぜひキャンプ用品に加えてみてください。


関連記事
こちらでは、様々な調理法ができる「ダッチオーブン」をご紹介しています。「蒸す」「焼く」「煮る」なんでもできちゃいます。


おすすめ「ホットサンドメーカー」を使ったレシピ

では、これからお子様にも大人気のレシピを3品ご紹介します。「ホットサンドメーカー」はいわば「蓋をして焼く」
という調理法になるので、蒸し焼き料理にも向いていますが、今回は朝食にお子様が喜びそうで、すぐできるものをチョイスしてみました。
またお子様だけでなく、大人用にも少しアレンジできるレシピですので、ぜひ作ってみてください。

フレンチトースト

引用元:キリンレシピ https://recipe.kirin.co.jp/b00025.html

「朝の定番」という家庭もあるかもしれません。ホットサンドメーカーを使った「フレンチトースト」があります。
「ホットサンドメーカー」は2枚のパンの間に具材を挟むことができるので、「フレンチトースト」にいつもは
かけるトッピングとしておなじみの「シナモン」「はちみつ」を挟んでしまうと、食べるときも食べやすいですよね。
大人向けには、甘さの中に少ししょっぱさをプラスする、ベーコンなどを入れてみてもいいですね。

材料

・食パン 4枚
・卵 2個
・牛乳 100ml
・はちみつ 適量
・シナモンパウダー 適量
・バター 適量

作り方

  1. 卵と牛乳をボウルに入れ、よく混ぜ合わせる。
  2. はちみつとシナモンパウダーを加え、さらに混ぜる。
  3. 食パンを4枚用意して、半分に切る。
  4. ホットサンドメーカーにバターを塗り、半分に切った食パンを入れる。
  5. 上記の2で作った液体を注ぎ、食パンに浸す。
  6. 最後にもう半分に切った食パンをのせる。
  7. 直火またはガスコンロで加熱し、表面がカリッとしたら完成。

ホットサンドに最適な食材

こちらは「オーガニック」のシナモンになります。フレンチトーストだけでなく、紅茶やコーヒーの香りづけにも使えます。

はちみつ5個セット

こちらは30種類から選べる「はちみつ」です。しかも少量パックになっているので、使い切りに便利です。

ここではフレンチトーストのお供として、「シナモン」「はちみつ」をご紹介しましたが、小さなお子様がいらっしゃるご家庭では、
「はちみつ」ではなく、「メーブルシロップ」を使うことをお勧めします。1歳未満の幼児には
「はちみつ」を非加熱のはちみつを与えるのは、危険とされているので、もし間違って舐めてしまわないよう気を付けましょう。


グリルチーズサンドイッチ

引用元:おうちごはんストーリー https://www.ouchigohan-story.com/entry/cheese-hotsand


こちらは「ホットサンドメーカー」を持っているなら、1度は作ってみたいレシピですよね。中でチーズがトロリとなる
それだけで食欲をそそる1品になります。特にチーズ好きのお子様なら「のび~るチーズ」に大喜びです。
大人向けには「トマト」や「バジル」を入れて、少しイタリアンな感じで作ってみるのもお勧めです。
パンに材料を乗せて、またパンを乗せて後は閉じるだけ。なのでお子様が自ら進んで作るレシピとしてもいいですね。

材料
・食パン 4枚
・チェダーチーズ 適量
・ベーコン 4枚
・トマト 1個
・マヨネーズ 適量
・バター 適量

作り方

  1. 食パンを4枚用意して、チェダーチーズを適量のせる。
  2. ベーコンとトマトを食パンにのせ、マヨネーズを適量つける。
  3. 上記の1と2を重ね、最後に食パンをのせる。
  4. ホットサンドメーカーにバターを塗り、重ねた食パンを入れる。
  5. 直火またはガスコンロで加熱し、表面がカリッとしたら完成。

グリルチーズサンドに最適な食材

チーズは「冷凍保存」ができ、そのまま調理に使えるので、チーズ好きなお子様がいらっしゃる場合は、
いつでも使えるようにストックしておきたい食材の一つですよね。


包まない餃

引用元:隆祥房 https://www.ryushobo.com/recipe/recipe_search_view.php?id=464

意外かもしれませんが、パンだけではなく様々な食材を挟んで焼けば、いろいろな料理に応用が利くのです。
普段は一つずつ手で包んで、フライパンで焼いているかもしれませんが、「ホットサンドメーカー」だからこそ、
包まなくても、餃子の皮と材料さえあれば、「包まない餃子」を作ることができるのです。
これなら、お子様も喜んで「お手伝い」をしたくなるようなレシピになりますね。
大人向けには「キムチ」を入れるなど、アレンジ餃子にぜひチャレンジしてください。

材料
・餃子の皮(大判12枚)
・豚ミンチ
・大場
・醤油
・あぶら
アレンジとして、キムチや納豆などいれてみたり、お子様向けにチーズを入れるのもいいですね。

作り方

  1. ボウルに豚ミンチと醤油を入れよくこねる
  2. ホットサンドメーカーに薄く油を塗る
  3. 片面6枚に重なり合うように餃子の皮を乗せる
  4. その上に豚ミンチと大葉、その他好きな材料を乗せる
  5. 上から6枚重なり合うように餃子の皮を乗せる
  6. 5分焼いたら、ひっくり返してもう5分焼いて出来上がり

大判餃子の皮

「餃子」も子供が好きなメニューの一つですよね。普段はひだを作り、一つ一つ包むのが難しくて
お手伝いできない子も、この餃子なら並べるだけなので、喜んでお手伝いができますね。
大判というところも使いやすさのポイントです!!

番外編レシピ

焼きマシュマロ

引用元:とくみつ録 https://www.tokumitu.com/2015/10/blog-post_9.html

キャンプやBBQの定番の「おやつ」と言えば焼きマシュマロ!!という方もいらっしゃると思いますが、
棒にさして直火で焼くのはちょっと危険!と思う方もいらっしゃると思います。そんな時は「ホットサンドメーカー」を使いましょう。
直にマシュマロを置くと、溶けてくっつく場合があるので、それを防ぐためにパンを敷いて、
上にマシュマロを並べて焼けば、小さなお子様でも、あのトロっとした甘いマシュマロを楽しむことができます。

ジャイアントサイズママシュマロ

「焼く」にはやはり大きなマシュマロでないと、すぐに溶けてしまいます。この大きさなら、焦げ目がついて、中はトロリとなるでしょう。




関連記事

こちらでは「デザート系」のホットサンドもご紹介しています。ぜひキャンプでも挑戦してみてください。


まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は「ファミリーキャンプ」でも大活躍する、ホットサンドメーカーをご紹介しました。
この他にも様々なレシピがありますが、「キャンプ」という限られた場所へ、持っていける材料で、手軽に作れるレシピをご紹介しました。
朝ごはんだけでなく、蒸し料理ができるので、BBQの傍らでチキンを様々なハーブと一緒に焼いてみる。
と言った、ちょっと「大人な」レシピを作ることもできます。また取り外しが可能で、「ミニフライパン」になるので、
目玉焼きを片方で焼きながら、片方ではソーセージなどを焼いて、いつもの朝食を作ることも可能です。

関連記事

  1. ファミリーキャンパー注目!2台目に最適!持ち運びやすさNO.1「おすすめ電気ストーブ5選」

  2. 【決定版】ファミリーキャンプ向けおすすめキャンプコンテナの選び方

  3. 【決定版】ファミリーキャンプ向けおすすめアウトドアワゴンの選び方

  4. 【ファミリーキャンパー向けおすすめレシピ】肉汁溢れるローストビーフ

  5. ファミリーキャンパー注目!コンパクト+持ち運び楽々な冬の必需品「ガスストーブおすすめ5選」

  6. 手軽にアウトドア!!ファミリーキャンプにおすすめしたいポップアップテント6選!

キャンプを楽しむ

おすすめキャンプ用品