【決定版】ファミリーキャンプでおすすめしたいダッチオーブン

ファミリーキャンプで大自然の中家族と楽しい時間を過ごす中での醍醐味といえばなんといってもお家ではできない料理です!
今回は、大自然ならではの調理器具「ダッチオーブン」をご紹介致します。

キャンプで使う調理器具の中で、誰しもが一度は気になったことがあるダッチオーブン。必須というわけではないですが凝った料理にトライしたいと思っている方々にはおすすめです。

今回はダッチオーブンの選び方やおすすめのダッチオーブンについてご紹介致します。

ファミリーキャンプにダッチオーブンは必要?

ダッチオーブンとは、鋳鉄かアルミニウムで作られた鍋で、分厚い金属素材の蓋で密閉することができ、内部が深くて丸い形状をしています。

ダッチオーブンは炭火でもガスでも使うことができ、ひとつあれば「焼く」「煮る」「蒸す」「揚げる」などの調理をすることができます。

また、ダッチオーブンは、蓋に炭火を直接のせることができ、上から下から火を通すオーブン料理を作ることができます。

かつてアメリカ合衆国の西部開拓時代においてこのようなお鍋が使用されてきました。そして近年は、キャンプシーンにおいて、ワンランク上の料理の必須アイテムとなろうとしています。

ファミリーキャンプに必須というわけではないですが、よりおいしい料理のレパートリーを提供したいと思えば、やがて購入される方々が多いです。

ファミリーキャンプ向けダッチオーブンの選び方

ダッチオーブンを選ぶ際のポイントをご紹介いたします。

素材

ダッチオーブンはさまざまな素材が用いられています。メンテナンスの手軽さなども考慮して選びましょう。

鋳鉄製比較的リーズナブルで購入することができるダッチオーブン。
ただし、素材は鉄なので錆びてしまうこともあり、油を馴染ませつなど定期的なメンテナンスが必要。
ステンレスメンテナンスなども不要で手入れも簡単。価格は鋳鉄製のダッチオーブンよりもやや高め。
アルミ圧倒的に軽いのが特徴。
錆びないためメンテナンスなども不要だが、メンテナンスをすることがキャンプアイテムを育てているという気持ちになる方々が多いようで、愛着心がわきにくい可能性ありw

サイズ

キャンプをする際の人数によってダッチオーブンのサイズを選びましょう。

8インチ大人2人
10インチ大人3人~4人(ファミリーキャンプにおすすめ
12インチそれ以上の人数(グループキャンプにおすすめ)

ファミリーキャンプ向けダッチオーブンの使い方

ファミリーキャンプでもダッチオーブンは、1つあればさまざまな料理に使うことができる万能調理器具です。

焼く

フライパンのように焼くときに使うことができます。
しっかりとダッチオーブンを熱してからお肉を焼くことで美味しく焼き上げることができます。
蓋もフライパンとして使用することができまるので、別々のレシピにトライすることができます。

オーブン

上から下から熱を与えることが可能、オーブンのようにして使うことができます。
ダッチオーブンの蓄熱性であったり保温性によってムラがなく熱が回ってくれます。
ファミリーキャンプでぜひローストビーフであったりローストチキンと言ったイチランク上のレシピにもトライしてください。

炒める

ダッチオーブンで炒めることができます。
チャーハン、麻婆豆腐のような炒め物もダッチオーブンであればおいしく作ることができます。

煮る

ダッチオーブンは熱を均等に伝えることができ、長時間保温ができるため、煮物を作るのに適しています。冬にはおでんや豚汁などで暖まること間違いなしです。

揚げる

ダッチオーブンは熱を保持しやすく、食材に均等に熱を伝える特徴があるため一部だけ焦げ付く心配も少なく揚げ物に適しています。子どもが好きな唐揚げやポテトフライなどがおすすめです。

おすすめのダッチオーブン5選

Lodge Camp Dutch Oven

Lodge Camp Dutch Oven(ロッジ キャンプ ダッチオーブン)は、アメリカのLodge社が製造する鋳鉄製のダッチオーブンで、鋳鉄製のため耐久性が高く、熱を保持しやすいのが特徴です。

脚がついているため、炭火の上に置くことができ、容量や直径にバリエーションがあるため用途や人数に合わせて選ぶことができます。手入れがしやすく、長く愛用することができること間違いなしのダッチオーブンです。

GSI Outdoors Hard Anodized Dutch Oven

GSI Outdoors Hard Anodized Dutch Ovenは、アメリカのGSI Outdoorsが製造する、ハードアルマイト加工を施したアルミニウム製のダッチオーブンです。

軽量でありながらも頑丈で、キャンプやアウトドアでの調理に最適なサイズです。底部には溝が刻まれ、炭火の熱を効率よく伝える設計で、底面が平らなためガスコンロでも調理することができます。

また、フタには炭火を安定させるためのリムがついており、炭火での調理にも対応しており、洗いやすい設計で手入れも簡単な特徴があります。

【中古】【輸入品・未使用】GSI Outdoor Hard Anodized Dutch Oven [並行輸入品]

Coleman SF1709392

出典:ニューウェルブランズ・ジャパン公式(https://ec.coleman.co.jp/item/1709392.html)

Coleman社が製造するアルミニウム製のダッチオーブンです。
軽量かつ頑丈なボディと、脚がついているため、炭火の上に置くことができます。
ハンドルは取り外しが可能で、フタには炭火を安定して置くためのリムがついています。
容量は5.6リットルと十分な大きさがあり、キャンプやアウトドアでの調理に適しています。
アルミ製であるため、鋳鉄製に比べて軽量で持ち運びや収納にも便利です。
コストパフォーマンスも高く、初めてのダッチオーブンとしてもおすすめです。

素材鋳鉄
総重量約6kg
外寸直径約25cm
外寸高さ約13cm
内寸直径約23.5cm
内寸深さ約11cm

ロゴス SLダッチオーブン

引用元:ロゴスコーポレーション公式(https://www.logos.ne.jp/products/info/1784

ロゴスが製造する鋳鉄製のダッチオーブンです。
軽量化を図った薄型のボディーが特徴で、アウトドアでの持ち運びや収納に便利です。

鋳鉄製のため耐久性や熱保持性にも優れており、直火での調理にも適しております。キャンプやアウトドアだけでなく、家庭での調理にも使用することができ、万能アイテムとして重宝されています。

素材鋳鉄
総重量約5.5kg
外寸直径約28.5cm
外寸高さ約15.5cm
内寸直径約23.7cm
内寸深さ約10.5cm

まとめ

いかがでしょうか。
今回はファミリーキャンプで使用することができるダッチオーブンについて解説しました。
ダッチオーブンひとつあれば、料理のレパートリーをぐーんと広げることができます。
いまは必要なしと思っている方々も、いずれどうしても欲しいと思ってしまうアイテムではないでしょうか。

ダッチオーブン以外にもおすすめ調理器具について紹介しておりますので、こちらの記事もご覧ください!

関連記事

  1. 【決定版】ファミリーキャンプ向けおすすめ食器の選び方

  2. ファミリーキャンプスタイルの選択肢:ハイスタイルキャンプとロースタイルキャンプを比較

  3. 【ファミリーキャンパーおすすめ】マルチグリドルで作る絶品からあげ

  4. 鉄板定番メニュー!!マルチグリドルで作る焼きものメニューのおすすめ!

  5. 【決定版】ファミリーキャンパーにおすすめ「Oregonian Camper(オレゴニアン・キャンパー)」のキャンプグッズ

  6. ファミリーキャンプにおすすめのキャンプ場の紹介「モンベル五ケ山ベースキャンプ」(福岡県)

キャンプを楽しむ

おすすめキャンプ用品