ファミリーキャンプ必見!冬キャンプにおすすめしたいテント4選!!

テントにも向き不向きの季節があることをご存知ですか?無知の初心者キャンパーの頃は、テントなんて全て同じでしょ!って思っていた私です。

しかしキャンプにハマるうちに色々な情報を得るようになると、テントの生地によって少しでも保温性の高いものや夏には通気性の良いものなど細かなスペックを発見し始めました。

いざキャンプを始めたい!テントを買おう!と意気込んでも種類がありすぎて、悩み決断できないのがオチです。そんな方へ今回は冬に使いたい!冬におすすめのテントをご紹介していきます!

冬用テントの必須スペック

必須ポイント:スカートの有無

引用元:Arizine(https://arinomi.co.jp/magazine/winter-tent/)

初心者キャンパーさんの場合、スカート!?なんだそれ?となる方も多いかと思いますが、冬のテントでは必須条件となります。というのも、冬はとにかく空気が寒いです。そのためテント内にいかに外気が入らないようにするかが重要となります。

スカートというのは、外気がテント内に入らないようにするフレイシートの裾が地面を覆う布のことをさします。このスカートが長い方が外気が入りずらい+テント内の空気が漏れにくい+保温性が高まります。

冬用テントと書いてある商品にはスカート付きですが、一応確認しておくと安心ですね!

必須ポイント:素材の確認

素材選びも重要なポイント!冬のテントにおすすめの素材は「コットン・ポリコットン」です。

なぜなら冬は朝と夜の冷え込みが強く、テント内を温めることによる寒暖差の結露が発生します。そのため結露に強い素材でないと冷気としてテント内が冷えると共に、テントがひどく濡れてしまうからです。

また、冬のテントはストーブをつけたり焚き火をテント近くで行うこともあるでしょう。その際に火の粉が待っても安心のように耐熱性のあるものがおすすめなのです。

しかし絶対に燃えないということはありませんので、ある程度の距離感は保ちながらBBQやストーブ・焚き火を楽しむのは必須条件です!!

必須ポイント:サイズ選び

テントを購入する際にただ大きければ良いというわけでもありません!!もちろん広ければ快適に過ごすこともできますが、設営までに時間がかかること+冬の場合はテントが広すぎると温まりずらいデメリットがあります。

テント内にストーブを入れて過ごす場合は、テントは広い方が快適です!しかし、テントは夜寝る時しか使用しない!という場合は人数に適したテントを買うのがおすすめです!余計なスペースがない方が温まりやすいかつ人の温もりで暖かく感じます!

冬に使いたい冬用テント○選!!

タフスクリーン2ルームテントTX/MDX / Coleman

引用元:公式サイト(https://ec.coleman.co.jp/category/502/2191009.html
引用元:公式サイト(https://ec.coleman.co.jp/category/502/2191009.html

季節を問わずに1年中キャンプを楽しめるオールシーズン対応テントです。テックスファイバーポリエステルと呼ばれるコットンに似ている生地を使用しているため、耐久性+撥水性を兼ね備えています。

生地の表面は撥水加工がされているので撤収時にテントが濡れていても、撤収時に雨が降っていても楽々片付けられるのが嬉しいポイントです。

フルスカート付きで虫の侵入+隙間風を防げるとともに、夏には巻き上げることもできるのでどの季節に温度に合わせてキャンプが楽しめます!

引用元:公式サイト(https://ec.coleman.co.jp/category/502/2191009.html

寝室とリビングの上部には大型ベンチレーションがあるため、テント内でストーブを使用する際は換気をしながら冬キャンプを楽しめます!!また、就寝する際にストーブを消し部屋を締め切りたい場合には閉じることも対応可能です。

引用元:公式サイト(https://ec.coleman.co.jp/category/502/2191009.html

インナーテント内はとても広々しており、家族4人で横に寝転んでも寝返りが打てるほど快適です。おすすめの寝室作りは、インフレーターマットダブルサイズ2つを敷くとシンデレラフィットし、地面のゴツゴツさを全く感じさせないほどです。

カマボコテント3M / DOD

引用元:公式サイト(https://www.dod.camp/product/t5_689_tn/
引用元:公式サイト(https://www.dod.camp/product/t5_689_tn/

家族4人で十分なスペースを確保できるオールシーズン対応の2ルームテントです。いくつか種類のあるカマボコテントの中で史上最高の快適性があるとお墨付きです。

MAX10人で楽しめる広いリビングスペースがあるため、小さい子どものテント内で走り回ったり、ラジコンをしたりと十分に楽しめます。雨天キャンプになってしまっても、暇を持て余すことがないでしょう。

引用元:公式サイト(https://www.dod.camp/product/t5_689_tn/

フルスカート付きで冬の隙間風を入れることなく冬キャンプを楽しめます。全面メッシュ付きでもあるので熱のこもりやすい夏は通気性をよくし、春夏秋冬常に快適にキャンプができます。

スカート付きのため全部の窓を閉めきってしまうと空気の循環がなくなります。そのため、雨天時や早朝は結露が発生しやすくなりますので時々換気をするようにしましょう!!


また小さな子どもがいるとごろごろできるスペースを広めに確保したいですよね。そんな時にこのカマボコテントであればお座敷スタイルにすることもできるオプション機能が付いていますので子供の成長に合わせてキャンプスタイルを変えることができます!!

引用元:公式サイト(https://www.dod.camp/product/t5_689_tn/

Bello400 / S’more

引用元:楽天市場(https://item.rakuten.co.jp/aimoha/smorst001a400/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_117_1_10001720

サイズ違いの2種類があるベル型のテントです!Bello400は4~6人、Bellp300は3~4人で使用できるため、家族の人数を考慮して選ぶと寝る際も寒すぎることなくみんなで暖をとって寝られます!!

また、冬には嬉しい薪ストーブ用の煙突穴付き!!!冬キャンプで薪ストーブを使用してみたいと思っている人は多いはず!!しかし、煙突がないとストーブが使用できないと、、と諦めてしまうのは早いです!!

このテントであれば使用できるのでキャンプで薪ストーブをやりたい夢が叶いますよ!!!

引用元:楽天市場(https://item.rakuten.co.jp/aimoha/smorst001a400/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_117_1_10001720

お天気のいい日はフロアシートを取り外して大きなシェルターとしても使用できます!冬だけがおすすめのテントではなく、夏には紫外線カットのしてくれる優れもののテントです。

テント内には小物を収納しておける収納ポケットや、ランタンを引っ掛けるランタンフックも備え付けられており痒い所に手が届く嬉しい魅力が詰まっています。

引用元:楽天市場(https://item.rakuten.co.jp/aimoha/smorst001a400/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_117_1_10001720
引用元:楽天市場(https://item.rakuten.co.jp/aimoha/smorst001a400/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_117_1_10001720

ランダー6 / THE NORTH FACE

引用元:公式サイト(https://www.goldwin.co.jp/ap/item/i/m/NV22317R?xadid=a0110201597307579064&gad_source=1&gclid=CjwKCAiA1fqrBhA1EiwAMU5m_3N6NpkpTLYX8Z-Q_R9g5k7tu4VnrlN6jRb2Lc5iSdfYpH2To23JERoC_-IQAvD_BwE

家族4人快適に過ごすことができる大型のモンスターテントです。ダブルウォールのフレーム構造になっているため、フライシートだけで使用できスムーズに設営できます。

フライシートだけで簡単設営できるメリット+インナーテントは簡単に吊り下げられるためテント設営に時間をかけたくないファミリーキャンパーにはおすすめのテントです。

テント内は2mの高さがあり、背の高いママさんパパさんでも腰を屈めることなくストレスフリーでキャンプが楽しめるのも嬉しいポイント!

引用元:公式サイト(https://www.goldwin.co.jp/ap/item/i/m/NV22317R?xadid=a0110201597307579064&gad_source=1&gclid=CjwKCAiA1fqrBhA1EiwAMU5m_3N6NpkpTLYX8Z-Q_R9g5k7tu4VnrlN6jRb2Lc5iSdfYpH2To23JERoC_-IQAvD_BwE
引用元:公式サイト(https://www.goldwin.co.jp/ap/item/i/m/NV22317R?xadid=a0110201597307579064&gad_source=1&gclid=CjwKCAiA1fqrBhA1EiwAMU5m_3N6NpkpTLYX8Z-Q_R9g5k7tu4VnrlN6jRb2Lc5iSdfYpH2To23JERoC_-IQAvD_BwE

フルスカート付きて季節を問わずにキャンプを楽しめます。大型のメッシュウィンドウがあり、換気しつつテント内に結露が起こるのを防ぐことができます。お天気のいい日は、前室のフロントパネルを跳ね上げてリビングをスペースを広々と確保!!

テント前後に出入り口があり、テントの前にいても後ろにいてもすぐにテント内に入れる気遣いは小さい子どもがいるキャンパーにはありがたく感じますよね!!

まとめ

気になる冬用テントはありましたか!?季節ごとにテントを変えるなんてそんなお金のかかることはおすすめしていません。オールシーズン使用できるものを最初から準備しておけばテント1つで春夏秋冬いつでもキャンプを楽しむことができます。

フルスカートが付いていること、ベンチレーションが付いていることは忘れずにチェックポイントとして覚えておいてくださいね!!

ぜひお気に入りのテントを見つけて冬キャンプを楽しんでください!ファミリーで楽しめるキャンプ場のおすすめリンクを貼っておくのでみてみてください!!

関連記事

  1. 【特集】ファミリーキャンプ向けLOGOS焚き火台紹介

  2. 【ファミリーキャンパー必見】お手頃価格で軽量&暖かさが魅力の”mont-bell”シュラフ5選!

  3. 【ファミリーキャンプにおすすめキャンプ場】富士満願ビレッジファミリーキャンプ場(山梨県)

  4. 【決定版】ファミリーキャンプ向けおすすめタープの選び方

  5. ファミリーキャンプに推したい!快適睡眠への近道「LOGOS」のシュラフ5選!

  6. これを使えば安心安全!ファミリーキャンプにおすすめしたい焚き火グローブ!!

キャンプを楽しむ

おすすめキャンプ用品