ファミリーキャンプのテントといえばDOD! おすすめテント9選!

引用元:DOD(https://www.dod.camp/product_list/tent/)

ここ数年でキャンプ人口が増えてきました。そこへきてコロナ禍から通常の生活が戻り、さらにキャンプに行きたいという人が増えてきそうです。

キャンプといえば、バーベキューセットと並んで必需品なのがテント。お子様たちとワイワイにぎやかに過ごすことができるテントを選ぶこともキャンプの楽しみの一つではないでしょうか?

今回は、ファミリーキャンプで大人気である「DOD」のテントのご紹介をします。DODのテントといえば、形や名前が斬新で抽選に当たらないと手に入らないくらい人気のあるものも存在するブランドです。これを読むと楽しいデザインのDODのテントで家族の想い出に残るキャンプをしたくなりますよ!

DODテントの特徴

引用元:DOD「ヤドカリテント」(https://www.dod.camp/product/t6_662_gy/)

DODのテントは、かわいいウサギのロゴマークが象徴となっています。

コストパフォーマンスの良さも特徴の一つです。メインの販売経路が楽天市場やAmazonなどのECサイトでの販売ということもコスパの良さを反映しています。同レベルのテントを他社と比較すると約1割ほど安く購入できるものもあります。

そして、DODのテントといえば、デザインやネーミングのセンスの良さ、斬新さが大人気である理由です。デザインはただ斬新というだけでなく、実用性も考慮された中で結果的にそうなったというイメージも持てる内容で、そのセンスの良さを多くの方が支持しています。ネーミングは、そのデザインに伴ったもので、しかも愛らしさを感じます。

これらが初心者から上級者まで幅広い層から人気がある由縁でしょう。

DODファミリーキャンプ向けテントの種類

DODは、さまざまな種類のテントを取り揃えています。その中でもファミリーキャンプに見合った種類のテントを紹介してみましょう。

オリジナルテント

引用元:DOD「ツクツクベース」(https://www.dod.camp/product/t8_780_kh/

斬新でありながら、オシャレなデザインなテントを取り揃え、抽選販売となる商品もあるくらい人気の商品も存在しますその独創的なデザインは、まわりからの注目度も高く、他の人と被りたくないという方にも人気です。ネーミングも見た目をモチーフにしており、にょきっとした形の「タケノコテント」や寝かせた円柱を横半分に割ったような形の「カマボコテント」といったユニークなものとなっています。

ワンポールテント

引用元:DOD「ワンポールテント」(https://www.dod.camp/product/t3_948_tn/)

大きいのに簡単に設営できることで大人気のDODワンポールテント。ペグを打ち込んで立ち上げるだけで設営できます。1本のポールで設営できて、部品が壊れても交換すると長期間使用が可能であることから、SDGsを支持する方にも人気があります。2ルームタイプのものや、テント内で焚火をすることができるものなどがあります。

ワンタッチテント

引用元:DOD「わがやのテント」(https://www.dod.camp/product/t3_982_tn/)

「ゆるくて気軽なアウトドア」がキャッチフレーズのDODワンタッチテント。設営はカサを開くような感覚で容易に行えたり、お手入れも水拭きや水洗いで済ませられる、さらに畳み方も簡単なことから、キャンプ初心者や時短したいユーザーから大人気のシリーズです。毎年、開発や改良が行われており、使いやすさがどんどん増していく傾向があります。

おすすめのオリジナルテント

ここでは、DODで人気の高いオリジナルテントのおすすめ商品をお伝えしていきましょ

う。

カマボコテント3M

引用元:DOD「カマボコテント3M」(https://www.dod.camp/product/t5_689_tn/

デザイン性や実用性があり大人気のカマボコテントです。広いリビングを備えた2ルームテントで、カマボコテント史上最高の実用性を擁し、他種類のテントより設営の手間はかかるが、満足度は最高という声が多い商品となっています。

引用元:DOD「カマボコテント3M」(https://www.dod.camp/product/t5_689_tn/

【カマボコテントの特徴】

  • 2ルームのトンネルテント構造なので、1つのテントを建てるだけで、リビングも寝室も完成します
  • 全部のパネルをメッシュにできるようになり、夏は涼しく、冬はテント生地の下から風が入り込むことを防ぐスカート付きのため暖かく過ごせます
  • リビングが広く、4~5人家族なら広々利用でき、2~3グループが集まっての宴会キャンプが可能です
created by Rinker
DOD(ディーオーディー)
¥60,980 (2024/04/18 21:16:58時点 Amazon調べ-詳細)

タケノコテント2

引用元:DOD「タケノコテント2」(https://www.dod.camp/product/t8_795_kh/)

まるで普通の家の中のようにくつろげるワンルームタイプで広さが人気のタケノコテント。テントの中に小さなテントを入れるカンガルータイプでの使用も可能です。

引用元:DOD「タケノコテント2」(https://www.dod.camp/product/t8_795_tn/

【タケノコテントの特徴】

  • 食べるのも寝るのも同じルームで行える、広くてゆったりした大きなワンルームテントです
  • 屋根部分の生地は、透湿性や難燃性のある素材を使用し、テント内の結露を軽減させています
  • 全方向に大型のメッシュ窓を配置し、全開すると、360度から涼しい風を取り入れることが可能です
created by Rinker
DOD (ドッペルギャンガー)
¥88,000 (2024/04/18 17:41:12時点 Amazon調べ-詳細)

エイテント

引用元:DOD「エイテント」(https://www.dod.camp/product/t5_668_tn/)

クラシックな外観と機能性を兼ね備えた家型のテントで、ヒレタイプと結合して快適な「エイヒレスタイル」が可能となります。

引用元:DOD「エイテント」(https://www.dod.camp/product/t5_668_tn/

【エイテントの特徴】

  • クラシックな家型をしたテントで、懐かしい家のような落ち着いた印象を与えます
  • 四角形のフロアの4隅をペグダウンし、6本のポールをロープでペグダウンするだけのシンプルな設営です
  • ヒレタープを結合させて、快適なリビング空間を作り出すことが可能です

おすすめのワンポールテント

広いのに設営が楽なことで人気のワンポールテントの商品をご紹介します。

ワンポールテントL

引用元:DOD「ワンポールテント2」(https://www.dod.camp/product/t8_200_bk/)

簡単に設営できて、コンパクトに収納可能な8人用ティピー型テントです。

【ワンポールテントLの特徴】

  • 天井高は200cmで大人が立つことが可能、広さも大人が5人寝られるほどです
  • ペグを打ち込み1本のポールを立てれば完成します
  • インナーテントは全面メッシュ仕様で高い通気性を確保しています

ヤドカリテント

引用元:DOD「ヤドカリテント」(https://www.dod.camp/product/t6_662_tn/)

リビングを備えたフルシーズン使用可能な2ルームワンポールテントです。

引用元:DOD「ヤドカリテント」(https://www.dod.camp/product/t6_662_tn/

【ヤドカリテントの特徴】

  • テント1つでリビングと寝室を兼ね備え、別でタープを立てる必要がないため時間短縮となります
  • フロントパネルはサイドウォールを備え、雨風の侵入を軽減することができます
  • 3方向から出入り可能になるようドアを配置し、涼しい風を取り入れます

レンコンテント

引用元:DOD「レンコンテント2L」(https://www.dod.camp/product/t5_737_tn/)

穴だらけのレンコンのような容姿で、中で焚火も可能なワンポールテントです。

引用元:DOD「レンコンテント」(https://www.dod.camp/product/t5_737_tn/

【レンコンテントの特徴】

  • テント上部に360度大きな窓を配置し、焚火の煙を排出でき、天体観測も可能です
  • 絶妙な高さにウォール生地を配置し、頭部分は煙たさを感じにくく、身体部分は暖かさを保てるようになっています
  • レンコン窓はダブルファスナー構造で、気温に応じて開閉する長さや大きさを調整できます

ワンタッチテント

設営がとっても簡単なワンタッチテントの紹介をしていきましょう。

わがやのテントL

引用元:DOD「わがやのテントL」(https://www.dod.camp/product/t5_869_tn/)

一人で設営可能なワンタッチテントです。

引用元:DOD「わがやのテント」(https://www.dod.camp/product/t5_869_tn/

【わがやのテントの特徴】

  • ワンタッチ構造を採用し、脚を広げてヒモを引くだけで簡単に設営可能です
  • 5人使用可能な広さで、家族でゆったり過ごせます
  • インナーテント単体で昼間は日よけに、フライを被せると宿泊用テントに、シェルターを入れてカンガルースタイルとさまざまな仕様で楽しめます

おうちテント

引用元:DOD「おうちテント」(https://www.dod.camp/product/t4_825_br/)

まるでお家のような形で、リラックスタイムを優雅に過ごせます

引用元:DOD「おうちテント」(https://www.dod.camp/product/t4_825_br/

【おうちテントの特徴】

  • 広さに反して設営はワンタッチ構造で簡単です
  • 壁が垂直でムダのないレイアウトが可能となり、家族4人でゆったり過ごせます
  • バスタブ型フロアが付属しており、雨風の侵入を軽減できます
DOD ディーオーディー カマボコテントベビー タン キャリーバッグ付 自立式 子ども部屋 キャンプごっこ 室内 おうち ワンタッチ コンパクト収納 簡単組立 ポップアップ テント生地 68Dポリエステル バネ鋼 グラスファイバー T1-750-TN

キノコテント

引用元:DOD「キノコテント」(https://www.dod.camp/product/t4_610_rd/)

ワンタッチでニョキッとすぐに設営できる寝室用テントです。

引用元:DOD「キノコテント」(https://www.dod.camp/product/t4_610_rd/

【キノコテントの特徴】

  • フライシートは遠くからでもはっきりわかる可愛いドット柄で、自分のテントを見失うことがありません
  • 壁が垂直なので圧迫感を感じにくく、お子様を含め4人で寝泊まりできる広さです
  • 天井とすべての壁にメッシュに切り替え可能な換気窓を配置し、室内の温度調整が柔軟に可能となっています
created by Rinker
ノーブランド品
¥94,900 (2024/04/18 21:17:01時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回は、ファミリーキャンプ用のDODおすすめテントをご紹介しました。数あるファミリーキャンプのテントの中でも、ひときわ異彩を放つDODですが、その個性が多くの方に支持されている理由がおわかりいただけたかと思います。楽しいキャンプに、さらに彩りと楽しみを与えてくれるDODのテントの購入をぜひ検討されてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 【特集】ファミリーキャンプ向け”Coleman”焚き火台紹介

  2. 【決定版】ファミリーキャンプ向けおすすめテントの選び方

  3. 【ファミリーキャンパー向けおすすめ】マルチグリドルで作る!ファミリーキャンプ飯3選

  4. 【決定版】ファミリーキャンプ向けおすすめカトラリーの選び方

  5. 【ファミリーキャンパー向けおすすめ】家族で盛り上がろう!キャンプでしたいボードゲーム8選

  6. 【決定版】ファミリーキャンプ向けおすすめ食器の選び方

キャンプを楽しむ

おすすめキャンプ用品