ファミリーキャンプに推したい!寝心地抜群「Coleman」シュラフ6選!

理想のキャンプはみんなで設営を準備をし、家族みんなで焚き火周りなどで団欒をする!!というパーフェクトな形を思い描いている人がいいかもしれません、実際にキャンプへ行くとそんな理想とは程遠いいキャンプライフを送っている人もいいでしょう。

私もその1人です!みんなで仲良くテントの設営〜なんて、まぁ無理です。なんせ初めての設営はとても時間がかかりますし慣れない作業に気持ちの余裕なんてありません。

でも、いつもと違った一面のママさんパパさんの姿を良くも悪くも発見できるとそれもキャンプの醍醐味です。思い描いているキャンプスタイルがあったとしても、正解なんてありません。

自分たち家族が楽しいキャンプライフが送れればそれに越したことないと、しみじみ感じる今日この頃です。それでも寝る時は家と同じように、もしくはそれ以上に家族団欒過ごしたいですよね。

寝床を完璧に準備しておくだけで、ストレスなく体を休められます。そのためには、シュラフは必需品!!!今回は、「Coleman」ブランドに着目しておすすめのシュラフをいくつかご紹介していきます。

自分たちに合ったシュラフの選び方!

選び方1:サイズ

シュラフのサイズには布団と同じように、シングルサイズとダブルサイズ、ファミリーサイズがあります。未就学児の子どもと大人1名であれば、シングルサイズでも寝ることができます。

また自分たちのキャンプを行う時期によっておすすめサイズも異なります。子どもは体温が高いため、夏場にシングルサイズで一緒に寝ると暑くて暑くて汗をかいてしまいます。変わって冬は、子どもの体温のおかげで布団の中も暖かくなるので一緒の布団で寝るのがおすすめです。

シングルサイズ2つを連結させてダブルサイズにできるシュラフもあるので、キャンプスタイルに合わせて選ぶと快適に寝ることができます。

選び方2:シュラフの形

シュラフには、マミー型と封筒型の2種類があります。それぞれによってメリット・デメリットがありますので、自分たちに合ったものを選ぶようにしましょう。

メリットデメリット
マミー型・収納時にコンパクトになる
・コスパが良い
・種類が多い(選べる幅が広がる)
・寝返りが打てず、少し窮屈
・シングルサイズしかない
封筒型・自宅の布団と同じように寝ることができる
・寝返りが打てる
・シングルサイズ、ダブルサイズとサイズが選べる
・収納時、持ち運びサイズが大きい
・値段が高い

選び方3:使用できる時期の確認

シュラフには、大きく分けるとオールシーズン使用できるもの・春夏秋の3シーズン使用できるもの・冬に使用できるものの3つに分かれます。自分たちがキャンプを行う時期を考慮した上で購入すると、何度も購入し直す必要がありません。

引用元:公式サイト(https://ec.coleman.co.jp/sc/pickup_210114_02.html

キャンプ場周辺の平均気温や、最低気温を把握しておきましょう。マイナス5℃前後適応のシュラフを購入することで、急な天候の変化にも対応できます。

これは推したい!!Colemanおすすめシュラフ

オールシーズン対応 / マルチレイヤースリーピングバッグ

引用元:公式サイト(https://ec.coleman.co.jp/category/206/2000034777.html
引用元:公式サイト(https://ec.coleman.co.jp/category/206/2000034777.html
引用元:公式サイト(https://ec.coleman.co.jp/category/206/2000034777.html

春夏秋冬全ての季節に対応できる封筒型シュラフです。

これさえ持っていれば、キャンプ場の急な天候の変化にも、寒がりさんも暑がりさんそれぞれに合った使い方ができるのでファミリーキャンプには1番推したいシュラフです!!

サイズはシングルサイズのみですが、連結することができるためダブルサイズにし親子一緒に寝ることもできます。肌触りも良く、良い厚みがあるため次の日体が痛くなることもなく家で寝ているような快適な睡眠が取れます。

子どもがいるとついつい汚れがちですが、全て丸洗いできるためいつまでも綺麗に使用できます。収納時は専用の収納袋に片付けることができますが、4シーズンに対応できることもあり収納サイズが大きいと同時に重量が4.9kgと他のシュラフと比べると大きめとなっています。

3シーズン対応 / ファミリー2 in1/C5

引用元:公式サイト(https://ec.coleman.co.jp/category/206/2185659.html
引用元:公式サイト(https://ec.coleman.co.jp/category/206/2185659.html

家族みんなで寝ることのできる封筒型のシュラフです。適応温度は、5℃前後。ダブルサイズで使用できることはもちろんですが、上下を分割してシングルサイズのシュラフ2つに分けることも可能です。

親子一緒に寝ると背の高さが異なるため隙間風が入りがちですが、肩口にサーマルスプリットカラーをが採用されているため温まった空気を逃さず冷たい空気を布団内に入りづらくなっています。

春先などの朝晩はまだ冷えることもあり寒さが苦手な寒がりさんは、シュラフの中に毛布を入れることで快適に寝ることができます。

重量は5.5kgと持ち運びはずっしりとしていますが、専用収納袋があるため持ち運びの際に困ることはありません。

3シーズン対応 / アドベンチャークッションバッグ/C5

引用元:公式サイト(https://ec.coleman.co.jp/category/206/2000038136.html
引用元:公式サイト(https://ec.coleman.co.jp/category/206/2000038136.html

キャンプ時のシュラフとしての役割だけでなく、自宅やキャンプの際のクッションとしても活躍する封筒型のシュラフです。畳んで小さくするだけでクッションに早変わり!!

シュラフとしては、快適温度5℃前後の3シーズンで快適に寝ることができます。ダブルサイズとして親子一緒に寝るもよし!!上下分けてシングルサイズで使うもよし!キャンプスタイルに合わせて使用方法が変えられるのは嬉しいポイントです!!

車中泊の際や、テント内のカーペット代わりにも使用できるミニバンにぴったりのサイズです。色々な用途で使用できると汚れがちですが、丸ごと洗濯機に入れられます。

しっかりと厚みのあるシュラフの上でゴロゴロするのって良いですよね〜キャンプ場の地面のゴツゴツを気にすることなくゴロゴロすることができるので子どもにも嬉しいシュラフです。

冬キャンプにおすすめ / タスマンキャンピングマミー/L-8

引用元:公式サイト(https://ec.coleman.co.jp/category/206/2000038771.html
引用元:公式サイト(https://ec.coleman.co.jp/category/206/2000038771.html

−8℃前後で使用できる冬キャンプにおすすめしたいマミー型のシュラフです。マミー型は保温性は高くても少し窮屈なシュラフが多くありますが、このシュラフは保温性は維持しつつも寝返りが打てるような可動性をプラスアルファされているためマミー型が好みだけどゆったりしたのが欲しい人におすすめシュラフです。

シュラフは収納時に大きくなりがちですが、小さいサイズに丸められるようコンプレッションベルトがついているため丸めた後も広がることなくコンパクトに片付けられます。

冬のシュラフは結露が起きて汚れがつきがちですが、丸ごと洗濯機で洗えるのも嬉しいポイント!!いつまでも綺麗な状態で使い続けることができます。

冬にキャンプにおすすめ / パーカー/C-3

引用元:公式サイト(https://ec.coleman.co.jp/category/240/2000039288.html
引用元:公式サイト(https://ec.coleman.co.jp/category/240/2000039288.html

寒さを防げるフードを取り外すと枕としての役割を担ってくれる優れもの付きの封筒型シュラフです。頭部からの放熱を抑えることで寒さを強く感じることなく快適に寝ることができます。

また寝る際に枕が欲しい人は、シュラフのフード部分が枕に変身するため自分好みの寝方を見つけながら自宅で寝ているかのような寝返りを打てる余裕さえもあります。

引用元:公式サイト(https://ec.coleman.co.jp/category/240/2000039288.html

内側の素材には保温性の高いフリース素材と肌触りのいい起毛生地を使用されているため、シュラフの中にいるだけでうっとりしてしまうほど快適です。

キッズ専用 / スクールキッズ(ブルー・ピンク)

引用元:公式サイト(https://ec.coleman.co.jp/category/206/2000027268.html
引用元:公式サイト(https://ec.coleman.co.jp/category/206/2000027269.html
引用元:公式サイト(https://ec.coleman.co.jp/category/206/2000027269.html

10℃前後まで快適に寝れることができるマミー型の子供専用シュラフです。春夏であれば快適に過ごすことができる+少し肌寒くなる季節には毛布を入れて調節することができます。

ブルーとピンクの2種類あり、名前が書けるネームカード付きなため学校行事や習い事の際にも誰ものかわからなくなることなく使用できます。

引用元:公式サイト(https://ec.coleman.co.jp/category/206/2000027269.html

子どもは大人と同じように同じようなものを使いたがりますよね。ママと同じもの!パパと同じもの!なーんて言われたことがある親御さんは多いことでしょう。少し値はしますが、いつもの違うキャンプの時だけでも真似っこさせてあげてみてください!!

このシュラフも洗濯機で丸洗い可能です!!

まとめ

Colemanのシュラフはいかがでしたでしょうか!?シュラフの選び方はキャンプスタイルによって様々ですが、むずがしく考えることなく今持っているキャンプギアのブランドと揃えるなどするとスムーズに選ぶことができます。

適応温度を選ぶ際はキャンプへ行く時期より少し低めの温度に設定しておくと、寒さに凍えることなく快適にキャンプで寝られます。

新しいシュラフを持って楽しいキャンプ生活をぜひ送ってください!!おすすめのキャンプ場のリンクを貼っておくので気になる人はぜひチェックしてみてください!

関連記事

  1. 【特集】ファミリーキャンプ向けバンドック焚き火台紹介

  2. 使い勝手が抜群!!ファミリーキャンプにおすすめしたいゴミ箱!

  3. 【ファミリーキャンパーおすすめ】マルチグリドルで作る『絶品お好み焼き』レシピ

  4. 【決定版】ファミリーキャンプ向けおすすめのポータブル電源の選び方

  5. 【最新決定版】ダイソーのおすすめファミリーキャンプグッズ厳選14選!

  6. 手軽にアウトドア!!ファミリーキャンプにおすすめしたいポップアップテント6選!

キャンプを楽しむ

おすすめキャンプ用品