ファミリーキャンパーに推す!冬キャンプも快適に過ごせる「薪ストーブ」特集!

キャンプ未経験の友達に「キャンプって何するの?」「寒いのに外にいて楽しいの?」と質問されたことがあります。

確かに、私もキャンプに手を出す前は同じ疑問を抱いていたことを思い出し「ぷぷっ」と笑ってしまいました。そんなんですよね!!経験したことない人から見ると、ただただ大変なイメージしかないキャンプです。

しかし、1度手を出すとイメージが覆ります。1から自分好みのレイアウト、キャンプ飯、寒い時に焚き火の前で温まる気持ちよさ!!全てが非日常でワクワクするんですよね!

わざわざ寒い冬にキャンプをして焚き火をつける!これが冬キャンプの醍醐味です。そして、冬キャンプを経験すると欲しくなるのが「ストーブ」です。

ストーブといっても種類が豊富でなにを購入したいいのか悩んでしまうかと、、。今回はストーブの中でもおしゃれ度の高い魅力の詰まった「薪ストーブ」に注目してご紹介していきます。

薪ストーブの魅力

引用元:写真AC

ストーブを購入するときにまず悩むのが、薪ストーブにするか石油ストーブにするか問題です。今後自宅でも使用していきたい場合は石油ストーブを選ぶ方が多いかもしれませんが、薪ストーブを1度みてしまうとつい、つい、買いたくなってしまいますよね。

魅力1:テント内・サイト内の温まりがいい

引用元:写真AC

薪ストーブはテント内・テント周辺を素早く温めてくれるため寒さの厳しい冬キャンプには重宝するギアの1つです。暖房器具の中でも圧倒的なパワーを持っています。

ファミリーテントが多く使用する2ルームテントで使用した場合、薪ストーブが付いているテント内は15度前後まで温まるのでテント内は薄着で過ごすことができます。

そのため寒いのが苦手な方でもテント内であれば快適に過ごすことができ、冬キャンプもストレスなく楽しむことができます。

魅力2:ストーブの上で料理ができる

引用元:写真AC

薪ストーブはテント内を温めるだけでなく、ストーブ上部の鉄板が熱くなるためその上で料理をすることができます。

素材が丈夫なダッチオーブンやスキレットであれば細かく火加減を調整する必要はありませんが、調理方法によっては薪の量を調節し火加減を注意深く見る必要があります。

というのも、ただただ薪をたくさん入れていてはテント内はすごく暖まりますが火力はとても強い状態なため常に強火で料理をしているようになります。そのため鍋等の種類によっては鍋底が焦げてしまうアクシデントも起こります。

魅力3:非日常感+ハイセンス

引用元:写真AC

ストーブの購入を考えている人は、薪ストーブにするか石油ストーブにするか悩むでしょう。また価格的には大きく変わらないため、そうなると見た目の判断する方が多いでしょう。

もちろん石油ストーブも見た目がオシャレかつ、キャンプ以外の自宅でも使用できるため購入する人が多い暖房器具です。

しかしやっぱり、キャンプをやっている人は焚き火で薪を使用するためその延長でやはり薪ストーブに憧れを抱いてしまいますよね!!

薪ストーブの注意点

引用元:写真AC

見た目もオシャレ+暖を取れる薪ストーブはキャンパーにとって憧れのギアです。いい面も多く薪ストーブですが、注意して使用しなければリスクもあることを忘れていけません。

注意1:一酸化炭素チェッカーは必需品

引用元:楽天市場(https://item.rakuten.co.jp/fromseed/camg-mini/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_101_0_0

テント内でストーブを使用する際は、「一酸化炭素チェッカー」は必ず準備するようにしましょう。一酸化炭素チェッカーとは、空気中の一酸化炭素が一定値を超えるとアラームや警告音で危険を知らせてくれる道具です。

なぜ一酸化炭素が増えるかというと、石油や木炭が不完全燃焼することで発生します。一酸化炭素は無味無臭のため発生しても気づくことができずいつの間にか中毒になっていることが多いです。

初期症状は頭痛や吐き気が多いですが、子供の場合はその症状に気付きずらく最悪の場合は死に至ることもあるので必ず一酸化炭素チェッカーは使用しましょう!!

注意2:常時換気・定期的な換気

引用元:写真AC

テント上部や下部に写真のような換気ができるメッシュがいくつか用意されています。これはテントを締め切っている場合にでも換気ができるように作られているベンチレーションといいます。

薪ストーブは空気がなければ燃焼できず、テントを締め切ったところで使用してはテント内の空気がなくなってしまい酸欠状態になってしまいます。

そうならないために、テント内にいても空気をいれ換気することができるベンチレーションを上手に使用することで体調を悪くすることなく薪ストーブを楽しめます。

注意3:テント+薪ストーブの組み合わせ確認

薪ストーブをテント内で使用する場合は、テントと薪ストーブの煙突の位置が合わないと使用することができません。専用パーツを購入してテントに穴を開ける、煙突の向きを変えることもできますが、プラスアルファでお金がかかるのと安全面に少し不安が残ります。

そのためキャンプで薪ストーブの使用を考えている人は、どんな薪ストーブにも適応する煙突穴のあるテントを選ぶようにしましょう。

注意4:火事・火傷

薪ストーブに限った話ではありませんが、キャンプでストーブをする際は大人だけでなく子供の火傷に注意してあげましょう。

近くで炎が見えるストーブは、子どもからするとキラキラしてなんだか触ってみたくなってしまいます。未然に火傷を防ぐ方法としてストーブの周りに柵を用意してあげるといいでしょう。

また、薪ストーブ+煙突は使用しているとき物凄く高温になります。煙突をテント外に出すときに、テント生地と煙突が触れてしまっていると引火することもあるので注意が必要です。接触防止グッズを上手に使用しましょう。

ファミリーキャンパーに推したい!薪ストーブ

フォールディングキャンプストーブHS-440日本製薪ストーブ / ホンマ製作所

引用元:楽天市場(https://item.rakuten.co.jp/honma-ss/12420/
引用元:楽天市場(https://item.rakuten.co.jp/honma-ss/12420/

大きいガラス窓があるのが特徴です。二次燃焼機能が搭載されているため二次燃焼されている綺麗な火を間近で見ることができ、暖まりながら癒されること間違いなし!!

鉄板は料理が安定してできるように極厚の鉄板が兼ね備えているため、暖まるだけでなく料理も作れるため寒い中調理しなくて済みますね!この極厚鉄板のおかげで、蓄熱性に優れムラなく火が通り鍋料理でもスキレット料理でも美味しくできます!

使用方法組み立て式
材質ステンレス製
重量16.9g
天板の耐荷重30kg
付属品収納専用プラスチックダンボール
煙突支えセット

KAMADO煙突ガラス窓付角型ストーブ/ CAPTAIN STAG

引用元:公式サイト(https://www.captainstag.net/products/UG-75.html
引用元:公式サイト(https://www.captainstag.net/products/UG-75.html

薪が燃えている炎を見ることができる大型窓付薪ストーブです。窓が2つあり薪を追加するときに入れやすい向きから入れたい薪をスムーズに継ぎ足しできます。

スペースが広いため大小2つのゴトクを同時に使用して効率よく料理ができるのは嬉しいポイントです。また、付属品としてBBQが楽しめる網がセットになっています。子どもと一緒にお肉を焼いて、マシュマロを柔らかくしてと楽しい思い出ができること間違いなしです。

使用方法組み立て式(ネジ不要)
材質
重量セットで10kg
付属品専用バッグ
BBQ網

キャンピングストーブLOKI2 ・キャリングケース / PETROMAX

引用元:公式サイト(https://www.star-corp.co.jp/shop/products/detail/102738
引用元:公式サイト(https://www.star-corp.co.jp/shop/products/detail/102738

”手軽に移動”をコンセプトに作られている組み立て式のポータブル薪ストーブです。使いやすや+実用性を追求し、シンプルながらもスタイリッシュなデザインが目を惹きます。

薪を入れる扉には中の様子が見えるガラス窓付き、中の空気調整ができる空気調整スライダーが兼ね備えてあり炎の状況を見ながら火加減を調整できます。

薪ストーブの背面には灰受けトレイがあり片付ける際もスムーズに掃除・お手入れができるのは嬉しいポイントです。

使用方法組み立て式
材質スチール製
重量12kg
付属品なし

ウッドストーブサイドヴュー / テンマデザイン

引用元:公式サイト(https://www.tent-mark.com/wood_burning_stove_side_view_m/
引用元:公式サイト(https://www.tent-mark.com/wood_burning_stove_side_view_m/

組み立て・手入れが簡単な薪ストーブです。脚はワンタッチで開閉でき、自動ロック+解除付き!小さい子どもがいるファミリーキャンパーには嬉しい時短設営。

バタフライ型ステンレス棚付きのため、料理+料理の保温かつ焚き火ギアの吊るし収納ができる万能ストーブ!!天板の丸蓋を外すことで直火調理ができるため、寒い冬でも暖まりながら調理ができ温かいまま食べられるのは嬉しいですよね!!

使用方法組み立て式
材質ステンレス304
重量10.7kg
付属品専用バッグ

まとめ

薪ストーブがいかがでしたでしょうか?魅力の詰まった暖房器具だけでなく、見た目もおしゃれでキャンプサイトをよりカッコよく仕上げてくれますよね。

注意点はいくつかありますが、きちんと守ることで安心安全に使用できます。寝る際のテント内は冷えますが、薪ストーブは必ず消してから就寝することをお忘れなく!!一酸化炭素チェッカーを使用していても、反応しない場合+警報音に気づかないこともあります。

冬キャンプに行きたいくなるおすすめサイトのリンクを貼っておくので、気になる人はぜひ行ってみてください!!

関連記事

  1. 【決定版】失敗しないシュラフの選び方3ヶ条

  2. 【ファミリーキャンパー向け】チェアの選び方とおすすめ5選

  3. 【決定版】ファミリーキャンプ向けおすすめ食器の選び方

  4. 【ファミリーキャンプにおすすめ】オールシーズン大活躍!DOD ヤドカリテント

  5. ファミリーキャンプ向けおすすめのキャンピングカー12選

  6. 【決定版】ファミリーキャンプ向けおすすめランタンスタンドの選び方

キャンプを楽しむ

おすすめキャンプ用品