ファミリーキャンプの夜を演出する ガスランタンの選び方とおすすめ5選

自然の中で家族と楽しい時間を過ごす、ファミリーキャンプ。子供たちは昼間は大自然の中で冒険し、楽しい時間を過ごし、夜になるとワクワクしながらテントに入ります。でも、夜中のトイレやちょっとした驚きの音に怖がったり、明かりが足りずにお話をするのに困ったりすることもありますよね。

そんなとき、頼りになるのが、この記事で紹介するガスランタンです。ガスランタンは、星座を見たり、キャンプファイヤーのような雰囲気でお話を楽しんだり、ちょっとした冒険にも役立つんです!

家族全員で楽しいキャンプ体験をするために、ガスランタンの選び方や使い方、おすすめモデルを紹介します。子供たちと一緒に、キャンプの夜を明るく照らし、素晴らしい思い出を作りましょう。

ガスランタンの選び方

ガスランタンを選ぶ際に考慮すべき重要な要素があります。以下では、ガスランタンの選び方について詳しく説明します。

ランタンのタイプ

ランタンには主にLEDランタンとガスランタンの2つのタイプがあります。それぞれの特徴を認識することで、キャンプの雰囲気や夜の過ごしやすさが大きく変わります。

ランタンのタイプ特徴
ガスランタン・調光機能を備えているランタンが多く、必要に応じて明るさの調整が可能。
・ガス缶で燃料が長持ち。
・ランタンを安定させる台座が付いて、風や悪天候にも対応可能な頑丈な構造。
・点火と消火が簡単で、安全性が高い。
ガソリンランタン・ガスランタンに比べてランプの明るさを調節するのが難しい。
・燃料効率が高く長時間使用できる。
・定期的なメンテナンスが必要で、点火が難しい場合があり、燃料の取り扱いには注意が必要。
LEDランタン・手軽で使いやすく電池で使えるものが多い。
・子供たちにも安全で持ち運びに便利。
・明るく長持ちのLEDバルブで明るさも調節可能。
・バッテリーも長寿命。

明るさ(ルーメン)の目安

ランタンを選ぶ上で明るさは大事なポイントになります。目的に合わせて選びましょう。

明るさ目安
300ルーメン未満テーブルの上での簡単なアクティビティや読書など、小規模な使用に適している
300ルーメン〜600ルーメン一般的なキャンプサイトやアウトドアアクティビティに適している
600ルーメン以上大規模なキャンプサイトや調理を行う場合に適している

燃料効率

ガスランタンの選び方を考えるとき、明るさと燃焼効率のバランスが大切です。明るいランタンは広いキャンプサイトを照らしますが、多くの燃料を使います。対照的に、燃料効率の高いランタンは長時間使えますが、明るさに制約があります。

光量調節機能を備えたランタンもあります。
大勢で夜を楽しむなら明るく、テント内でくつろぐ場面では暗めに調整するなど明かりと燃料のバランスを取ることができるランタンを選びましょう。

安全性への配慮

取り扱いと保管に関する注意事項を守りましょう。

  1. 安定した台座
    安全なランタンは、安定した台座を備えており、転倒しにくい設計です。風や衝撃に対しても強い特徴があります。
  2. 燃料漏れ防止
    燃料漏れを防ぐ特別なバルブやシステムを備えているランタンもあります。メーカーやランタンごとの特徴を確認しましょう。
  3. 点火と消火
    点火と消火が簡単に操作できるランタンを選びましょう。
  4. 熱からの保護
    ランタンの外部が熱くなりにくいものを選びましょう。
  5. 適切な通風
    一酸化炭素中毒を防ぐために、屋内では絶対に使用しないようにしましょう。

ガス缶の種類

ガスランタンには2種類の燃料があります。ランタンの購入時は対応しているガス缶を確認しましょう。

ガス缶耐寒性購入の手軽さ
OD缶寒くても炎が安定しやすい専門店やホームセンターでしか販売されていない
CD缶寒さに弱いスーパーやコンビニで購入可能

OD缶

CD缶

おすすめガスランタンの紹介

ファミリーキャンプ向けのおすすめガスランタンをいくつか紹介します。これらのモデルは明るさ、燃料効率、安全性などの要素で優れています。

Coleman】2500ノーススターLPガスランタン

引用元:コールマン オンラインショップ(https://ec.coleman.co.jp/category/218/2000015521.html

非常に明るいので、夜のキャンプファイヤーや料理で大活躍。

頑丈で耐久性があり、風や悪天候にも対応可能できる頑丈な構造です。燃料はガス缶なので交換も簡単で点火と消火も安全にスムーズに行うことができます。

●明るさ:約320CP/200W相当(レギュラーガス使用時)約1,543lm(ルーメン)
●付属品:ソフトケース
●使用グローブ:Model R000B043J
●使用マントル:95102J

Coleman】ノーザンノバ

引用元:コールマン オンラインショップ(https://ec.coleman.co.jp/category/218/2000015521.html

高い「明るさ」、「便利さ」、「耐久性」を兼ね備えたガスランタンです。
キャンプサイトを昼間のように照らす明るさで夜のあそびや料理に大活躍。必要に応じて明るさを調整することができます。

頑丈で耐久性があり、風や悪天候にも対応可能できる頑丈な構造です。燃料はガス缶なので交換も簡単で点火と消火も安全にスムーズに行うことができます。

■グローブ割れを防ぐメタルガード付き
■二層コーティングベンチレーター:腐食やさびを防ぐ
■折りたたみできる足つき

●サイズ:約38 x 33 x 45(h)cm
●収納サイズ : 約20 x 19 x 29(h)cm
●重量:約 1.9kg
●燃焼時間 : 約2~4時間(470gレギュラー缶使用時)
●素材:スチール、他
●収納:ランタンケース付
●燃料:LPガス(別売り)

【snow peak】リトルランプ ノクターン

引用元:snow peak オンラインショップ

コンパクトなサイズなので持ち運びも簡単で、設置も瞬時に完了。
コンパクトながら頑丈で耐久性があり、風や悪天候にも対応可能できる頑丈な構造です。燃料はガス缶なので交換も簡単で点火と消火も安全にスムーズに行うことができます。

●サイズ:42×40×105(h)mm
●重量:102g
●材質:アルミニウム合金、ブラス、ゴム、ガラス、ステンレス鋼
●燃料:OD缶

【CAPTAIN STAG】オイルランタン

引用元:CAPTAIN STAGオンラインショップ(https://www.captainstag.net/products/UK-515.html

見た目がヴィンテージ調なのがおすすめポイント。置くだけでレトロな空間を演出でき、インテリアとしても最適です。見た目にこだわってランタンを選びたい方にぴったり。

●製品サイズ(約):オイルランタン/幅160×奥行120×高さ250mm(本体のみ)、シェード/直径170×15mm
●重量(約):オイルランタン/370g、シェード/95g
●材質(品質):ランタン/本体:鉄(粉体塗装)、ホヤ:ガラス、シェード/鉄(粉体塗装)
●仕様/その他:使用燃料/白灯油、ランタン用パラフィンオイル、適正容量/200ml、芯の長さ/130mm燃焼時間(約)/14時間 ※燃焼条件により異なります。

【DIETZ デイツ】ハリケーンランタン(D78)

引用元:DIETZオンラインショップ(https://dietz-japan.com/?pid=162851175

ニューヨーク州ブルックリンで創業したR.E.DIETZ社。オイルランタンで有名なメーカーで、D78 は現行のデイツハリケーンランタンの中で最もポピュラーなモデルです。4分芯を採用しており、7カンデラ程度のほのかな明かりでアウトドアシーンを演出 するのに程よいランタンです。

【D78 仕様】
●高さ:約 26.5cm
●最大幅:約 15cm
●重量:約 470g
●タンク容量:約 340cc
●対応芯:12mm(4分芯)
●明るさ:約 7CP
●燃焼時間:約 20時間
●素材:鉄、ガラス
●使用燃料/白灯油

LEDランタンの紹介記事はこちら!

まとめ

キャンプの雰囲気が盛り上がる「ランタン」。ランタンを選ぶ際のは、価格やデザインはもちろん、燃料の種類や明るさなど複数あります。利用シーンを想像して、自分にぴったりなお気に入りのランタンを選びましょう。お気に入りのランタンで快適なキャンプをお楽しみください。

その他おすすめの記事はこちら

関連記事

  1. 【決定版】ファミリーキャンプ向けおすすめペグの選び方

  2. 【特集】ファミリーキャンプ向けバンドック焚き火台紹介

  3. 【決定版】ファミリーキャンプ向けおすすめタープの選び方

  4. ファミリーキャンプにおすすめ!THE NORTH FACEテント5選

  5. 【決定版】ファミリーキャンプ向けおすすめペグハンマーの選び方

  6. これを使えば安心安全!ファミリーキャンプにおすすめしたい焚き火グローブ!!

キャンプを楽しむ

おすすめキャンプ用品