【ファミリーキャンパー必見】お手頃価格で軽量&暖かさが魅力の”mont-bell”シュラフ5選!

テントの設営って慣れるまでにどうしてあんなに時間がかかるんでしょうね!初めて2ルームテントを主人と設営した時は、ポールが折れてしまうのではないかとヒヤヒヤした記憶があります。

2回目も同じくポールが折れてしまうのではないかと思いながらも、1回目より早くできた設営できたことを覚えています。何回か設営に慣れてくると、最短何分で設営ができるかタイムトライアルがしたくなりませんか?我が家だけでしょうか?

娘にタイマーを持ってもらい広げた状態から”よーいスタート!”張り切っている時に限って普段起こらないアクシデントがつきものです。この日のタイムは44分。。。

目標は30分をきることです!!ベテランキャンパーさんからすると”おそっ!””と思うかもしれませんが、我が家はこのタイムトライアルが楽しく毎回奮闘しています。

キャンプってそれぞれの家族がそれぞれ異なった楽しみ方ができるのがいい魅力ですよね!!それでもいつもよりちょっと疲れるキャンプ。夜は家で休んでいるかのように、ゆっくり休めるのが1番。

自分好みのシュラフが見つけられる「mont-bell」!今回はそんな魅力の詰まった「mont-bell」のシュラフについて掘り下げていきましょう!!

シュラフの選び方

選び方1:使用時期の確認

シュラフはキャンプを行う時期によって適応季節が異なります。春夏秋と3シーズン使用できるもの、冬に使用する保温性の高いもの、冬の標高の高い場所でも適応できるものなど。

そのためキャンプへ行く時期をざっくりでも決めてから購入すると好みのものが見つけやすいです。冬に3シーズン対応シュラフでは寒くて凍えてしまいます。

また、夏に冬用シュラフでは暑くて寝ることもできません。快適に寝るためには、適応温度に合わせたものを購入する必要があります。

選び方2:シュラフの形

シュラフにはTHE!寝袋!という形の「マミー型」家で寝ているかのようなゆったりが感がある「封筒型」それぞれ魅力が異なり、またそれぞれ寝心地が違うためより自分に合ったものを買うと朝までぐっすり寝られます。

ファミリーキャンパーの場合は、小さい子供もいると一緒に寝ることが多いかと思います。その場合、子どもが1人で寝られるのであれば子ども用シュラフを購入するのがおすすめ!

1人で寝られずママさんパパさんと一緒に寝る場合は、連結可能な封筒型シュラフがおすすめ!と言いたいとことですが、mont-bellのマミー型は連結可能!!


封筒型だけでなく、マミー型も連結できるので家族それぞれが使用したいシュラフを探しながらも子どもも一緒に寝ることができるファミリーキャンプにとてもおすすめのブランドです。

選び方3:空気注入式 or フォーム式

引用元:公式サイト(https://webshop.montbell.jp/goods/category.php?category=32

mont-bellのシュラフは大きく分けると2種類のタイプがあり、シュラフを広げることにより空気注入口から空気が入り自然と膨らんでいく空気注入式タイプ。また、折りたたんんで収納ができ素早い設置と素早い撤収が叶うフォーム式タイプ。

どちらのタイプも空気注入バルブから専用のポンプバッグを使用し、プラスアルファーで空気を入れることができます。パンパンに入れるとふかふか布団のような寝心地が感じられます。

引用元:公式サイト(https://www.montbell.jp/generalpage/disp.php?id=689

逆止弁付き注入バルブのため、息を吹き込んだ後に口を離しても空気が抜けないメリットがあります。空気を抜く際は、バルブをくるっと裏側に回すと自然と空気が抜け片付ける際も楽々!!

「monte-bell」シュラフの魅力

引用元:公式サイト(https://webshop.montbell.jp/goods/category.php?category=32

mont-bellのシュラフには共通している快適機能がいくつもあります。適応しているシュラフ、適応していないシュラフは画像の右下型番から探してみてください!

痒い所に手が届く魅力がいくつもあり、初めてのシュラフを探している人にはおすすめのブランドです。

mont-bellのシュラフラインナップ

引用元:公式サイト(https://webshop.montbell.jp/goods/category.php?category=32

左側にある使用温度の目安から自分たちのキャンプへ行く時期を探し、ダウン素材がいいのか化学繊維がいいのか、はたまたお財布事情とも相談しながら欲しいシュラフが簡単に見つけられます。

おすすめシュラフ1:シームレスダウンハガー800 #1

引用元:公式サイト(https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1121399

-10℃まで使用できるマミー型のシュラフです。秋から冬にかけてのキャンプで活躍すること間違いなしです!寒がりさんでも快適に冬キャンプを楽しむことができるでしょう。

Rジッパーモデル・Lジッパーモデルを選ぶことができ、連結をするのであればRとLジッパーモデル2つ購入すると繋げられます。

真冬でも快適に過ごせるよう優れた保温性を発揮する「EXダウン」が使用されています。ただ暖かいだけでなく持ち運び時もスムーズにできるよう軽量にされているのも特徴です。

重量893g
適応身長183cmまで
快適温度-3℃
使用可能温度-10℃
付属品長期保管用のストリージバッグ

おすすめシュラフ2:ダウンハガー650 #3

引用元:公式サイト(https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1121382

1年中通して快適に過ごすことができるシュラフです。mont-bell独自のスーパースパイラルストレッチシステムの採用により、「伸びる寝袋」としてストレスなく寝られます。

1年中使えるシュラフの中ではコストパフォーマンスがとてもいいため、色んな季節にキャンプをしたい人!初めてシュラフを買う人!家族みんな分欲しい人!にはおすすめのシュラフです。

連結ができるため小さい子どもにはまだ大きすぎるサイズと思うかもしれませんが、大きくなっても買い換えることが不要になるため子ども用にも買ってあげたいと考えている人にはぴったりです!

重量720g
適応身長183cmまで
快適温度3℃
使用可能温度-2℃
付属品ストリージバッグ
引用元:公式サイト(https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1121382

おすすめシュラフ3:シームレス バロウバッグ #1

引用元:公式サイト(https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1121382

冬キャンプで寒さを感じることなく快適に寝られるシュラフです。中綿の保温性が最大限に生かされ、温まった空気を放熱することなく朝までぐっすり快適です!!

使用されている中綿(エクセロフト)は、優れた耐久性を持つだけでなく濡れても保温力を発揮します。キャンプで濡れることがありませんが登山など厳しい寒さの中でも使用できるため、キャンプではより快適に過ごせます。

引用元:公式サイト(https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1121382

卓越した保温力・洗濯を繰り返しても保温力や風合いを損なわない・撥水性!このシュラフには欠かせない3つの要素が兼ね備えられています。自宅でも簡単に洗えるため、常に綺麗な状態で寝られるのも嬉しいポイント!!

重量1782g
適応身長183cmまで
快適温度-5℃
使用可能温度-12℃
付属品コンプレッション可能なスタッフバッグ

おすすめシュラフ4:ダウンファミリーバッグ #3

引用元:公式サイト(https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1121312

キャンプだけでなく車中泊でも活躍するオールシーズン対応可能な封筒型シュラフです。保温性に優れているダウンがたっぷり入っているにも関わらずコストパフォーマンスに優れているおすすめの商品です。

他のダウンファミリーバッグと連結することができ、家でみんなで寝ているかのような快適さがあります。また冬のキャンプで寒さを感じた場合、シュラフの中に毛布を入れるだけでグンと温まり寒さを気にせず寝られます。

引用元:公式サイト(https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1121312
重量1293g
適応身長183cmまで
快適温度3℃〜
使用可能温度
付属品スタッフバッグ

おすすめシュラフ5:O.D.スリーピングバッグ #3

引用元:公式サイト(https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1121464

マミー型の体にフィットするメリット+封筒型の開放感のメリットを組み合わせたシュラフです。L字型ジッパーのため大きく入り口が広がり布団のような快適さがあります。

真冬の高山キャンプでなければ対応なオールシーズン使うことができます。また、キャンプでだけでなく車中泊でも使用できるため様々なお出かけシチュエーションで活躍すること間違いなし!!

重量1236g
適応身長183cmまで
快適温度5℃ / 41°F
使用可能温度0℃ / 32°F
付属品コンプレッション可能なスタッフバッグ

まとめ

mont-bellのシュラフはいかがでしたでしょか!?他のブランドと異なりマミー型でも封筒型同様に連結できるのはファミリーキャンパーには嬉しいポイントですよね!!

秋冬の寒さが厳しくなるキャンプ、寒さが苦手な人はマミー型の方が頭から指先まで全て包み込まれるため寒さ感じることなく快適に寝れる人も多いですね!

また、春夏の気候が落ち着き暖かい季節の場合は秋冬とは異なりマミー型は保温性が高いため暑く感じる人も多いです。

キャンプスタイル・キャンプするメンバーによってそれぞれ使い方が異なるので、自分たちに合ったシュラフを見つけことでストレスなく朝までぐっすり寝られます。

新しいシュラフとぜひいってほしいキャンプ場のリンクを貼っておきます!気になる方はぜひみてみてください!

関連記事

  1. 【特集】ファミリーキャンプ向けバンドック焚き火台紹介

  2. 【ファミリーキャンパーおすすめ】マルチグリドルで作る『絶品お好み焼き』レシピ

  3. 【ファミリーキャンプおすすめチェア】アウトドアブランドLOGOSのチェア7選を紹介

  4. 【決定版】ファミリーキャンプ向けおすすめアウトドア扇風機の選び方

  5. 【決定版】ファミリーキャンプ向けコットの選び方3ポイント

  6. 【最新決定版】ダイソーのおすすめファミリーキャンプグッズ厳選14選!

キャンプを楽しむ

おすすめキャンプ用品