【キャンプ場紹介特集】青川峡キャンピングパーク≪三重県≫

”青川峡キャンピングパーク”は三重県いなべ市にあり、鈴鹿山脈に囲まれた自然あふれる環境にあるキャンプ場です!
広大なキャンプ場には種類豊富なキャンプサイトのほか、初心者キャンパーやファミリーキャンパーも安心して利用できるよう「サポート体制」が充実しており、入門キャンプ場としてピッタリな施設です!
今回は”青川峡キャンピングパーク”の特徴とおすすめポイントについて徹底的に紹介していきます!

施設基本情報

出典:https://tenki.jp/leisure/camp/column/happycamper/2021-10-02-10-00-00/17482447.html
≪住  所≫〒511-0436 三重県いなべ市北勢町新町614
≪アクセス≫<名古屋方面から>東名阪自動車道を経由(約30分)
≪営業期間≫通年営業
≪立地環境≫草原(総敷地面積:不明)
≪施設種別≫区画サイト・フリーサイト・コテージ・キャビン・BBQ
≪予約方法≫公式ホームページ

名古屋方面からですと所要時間およそ30分と好アクセスの立地にあり、広々とした区画サイトのほかコテージやキャビン、”青川峡キャンピングパーク”の売りである新しいアウトドアスタイル「CABIN’Gサイト」があり、幅広いキャンパーに愛されるキャンプ場となっています!

施設の特徴

ポイント1:キャンプサイトの種類や宿泊施設が豊富

出典:https://tenki.jp/leisure/camp/column/happycamper/2021-10-02-10-00-00/17482447.html

”青川峡キャンピングパーク”は区画サイトやフリーサイトなどテント泊をするキャンプサイト、コテージやキャビンなど室内で宿泊ができる宿泊施設の2種類があります。

その中でも今回は各キャンプサイトの特徴をご紹介します!
≪オープンサイト≫
・全17区画
・オートサイト 駐車面積を含めて1区画あたり約130㎡
・区画間に仕切りはなく、開放的な空間
出典:https://theme.walkerplus.com/camp/article/1051288/
≪プライベートサイト≫
・全12区画
・オートサイト 駐車面積を含めて1区画あたり約120㎡
・区画の3方が垣根で囲まれており安心感のあるサイト
・大まかに2つのエリアに分かれており、小川に隣接するサイト・公園に隣接したサイトの2つがある
出典:https://theme.walkerplus.com/camp/article/1051288/
≪水辺サイト≫
・全13区画
・オートサイト 駐車面積を含めて1区画あたり約100㎡
・川沿いのロケーションであり、施設内唯一”直火”が楽しめるサイト
出典:https://theme.walkerplus.com/camp/article/1051288/
≪ライダーズサイト≫
・全体が約200㎡ 4名まで利用可能であり1区画あたり約50㎡
・駐輪面積を含めて自由に区画を使えられるフリーサイト仕様
・最もリーズナブルであり、木々が近く自然を感じることもできるのが特徴的
出典:https://theme.walkerplus.com/camp/article/1051288/
≪かもしかキャンプフィールド≫
・全体が約1,600㎡のフリーサイト
・フリーサイトのため車両乗り入れ不可
・周囲は山と森に囲まれた自然を感じられるサイト
出典:https://www.aogawa.jp/facilities/kamoshika-camp-field-detail/

こちらのサイトは車の乗り入れができないので、荷物の運搬が少し大変なのが難点・・・
”アウトドアワゴン”があると運搬を楽にすることができるのでおすすめです!

ポイント2:初心者キャンパーでも安心!手ぶらキャンプセット&サポートサービス

出典:https://theme.walkerplus.com/camp/article/1051288/image10494615.html

レンタル品が充実しているのも特徴的です!
テントやテーブル、寝具などはもちろんのこと、レンタル品がセットになっている”手ぶらセット”があるので、キャンプ道具をまだ持っていないファミリーや初めてキャンプをする初心者でも簡単にキャンプをできるのが嬉しいポイントです!

また、テントやテーブル、チェアやランタンなど最低限の装備が整った”キャンプセット”のほか、シュラフやマットがセットになった”おやすみセット”、ガズバーナーや調理器具がセットになって”お料理セット”など、欲しいものだけをチョイスしてセットをレンタルできるので非常に利用しやすいシステムになっています。

ポイント3:充実したサニタリー設備

出典:https://theme.walkerplus.com/camp/article/1051288/image10482588.html

トイレや炊事場などのサニタリー周りが汚いと利用するのを躊躇してしまいますよね?
”青川峡キャンピングパーク”は共有設備がとても清潔に保たれており、快適に使用することができます!

共有トイレはしっかりとした作りになっており、虫が入りづらい設計になっているので快適に使用することができます!
また、炊事場は半屋内となっており、蛇口の数は十分、洗い場の後ろには作業台があるのでちょっと食材を切ったり洗い物を置いたりするのにちょうどいい設計になっています!

コインランドリーもあるので、川遊びでびしょ濡れになった服や汚れた服を洗濯・乾燥させることができます!
小さな子供がいるファミリーキャンパーには、かなり有難い機能ですね!

ファミリーキャンパーにおすすめサイト2選

垣根に囲まれ安心感がある「プライベートサイト」

出典:https://www.aogawa.jp/
≪宿泊料金≫基本料金:3,500円+施設料:1,000円/名(小人500円/名)※バリューシーズンの場合
≪広  さ≫約120㎡(駐車スペース含む)
≪定  員≫6名まで
≪駐車可否≫可(目安:2.5m×5m)
≪電源有無≫有(使用料:1,000円/泊)

サイトの3辺を垣根に囲まれており、隣のサイトとの視界が遮られるためプライベート感があるキャンプサイト。
駐車スペースをしっかりと確保しつつ設営スペースも広々しているため大型テントの設営はもちろん可能な上に、レイアウト次第ではタープを設営することも可能。
1日1,000円で電源を使用することもできるので、夏の冷房・冬の暖房で電源を使用する場合でも問題なく宿泊することができます!

これを機にテントとタープを揃えたいと思っている方はこちらの記事もご覧ください!

川遊びを楽しめる「水辺サイト」

出典:https://www.aogawa.jp/
≪宿泊料金≫基本料金:3,500円+施設料:1,000円/名(小人500円/名)※バリューシーズンの場合
≪広  さ≫約100㎡(駐車スペース含む)
≪定  員≫6名まで
≪駐車可否≫可(目安:2.5m×5m)
≪電源有無≫有(使用料:1,000円/泊)

サイトの目の前に川が流れており、子供と一緒に水遊びをすることができるサイトです!
また、プライベートサイトほどしっかりした垣根ではありませんが、区画を仕切る柵や垣根がありプライベートな空間を確保することができます。
キャンプ場内で唯一直火が可能なキャンプサイトでもあるため、本格的にキャンプを楽しみたい方にもおすすめできるキャンプサイトです!

焚き火を楽しみたい方には自分に合った焚き火台を使用することをおすすめします!
購入を検討されている方はこちらの記事もご覧ください!

まとめ

いかがでしたか?
ファミリーキャンパーに優しいキャンプサイトと設備が整った”青川峡キャンピングパーク”についてご紹介させていただきました。
キャンプ初心者またはこれからキャンプを始めたいと思っている方でもレンタル品が整っているので簡単にスタートを切ることができそうですよね?
今年は”青川峡キャンピングパーク”でキャンプデビューしてみませんか?

『ファミリーキャンパーにおすすめなキャンプ場特集』もお勧めです!
ぜひご覧ください!

関連記事

  1. 【ファミリーキャンプにおすすめキャンプ場】つぐ高原グリーンパーク(愛知県)

  2. 【ファミリーキャンプにおすすめキャンプ場】ファミリーキャンプほこたBASE(茨城県)

  3. 【キャンプ場紹介特集】ふもとっぱら≪静岡県≫

  4. 【キャンプ場紹介特集】キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原≪栃木県≫

  5. 【キャンプ場紹介特集】ファミリーキャンパーにおすすめキャンプ場9選

  6. 【キャンプ場紹介特集】北軽井沢スウィートグラス≪群馬県≫

キャンプを楽しむ

おすすめキャンプ用品